石川県庁にメガモンスターが出現先週リリースしたドラゴンクエストウォーク(通称ドラクエウォーク)というスマホアプリゲームがなかなか面白い。コロプラとスクエアエニクスが共同開発した位置情報ゲームで、ドラクエのRPGゲームという世界観とスマホの位置情報を生かしたソーシャルゲームである。ポケモンGOと比較されるが、ドラクエウォークはRPGストーリーがあり、いい意味で別物のゲームになっているといえるだろう。なにより、ドラクエそのもののファン層が多いため、ドラクエファンの中には初めての位置情報ゲームという方もいるかもしれない。
そのドラクエウォークでは、夕方頃にメガモンスターが出現するのだが、県庁所在地や主要な市役所などに多く出るらしく、金沢市鞍月にある石川県庁に出現した。

 →

金沢ジャズストリート2019昨年は悪天候だったが今年は好天に恵まれた。金沢ジャズストリート2019は9月13日(金)の前夜祭から16日(月・祝日)までの4日間に、金沢市の中心部会場で150以上のジャズライブを開催する。メイン会場は、いしかわ四高記念公園だが、今回は尾山神社境内のライブを中心に楽しむことにした。本日(9/15)の尾山神社境内でのライブは夕方からスタートし21時過ぎまで5つのバンドの演奏があった。夕暮れから夜になっていく空の色が変化していく美しい様と相まってとても素晴らしい場になっていた。

 →

金沢大学能登里山里海SDGsマイスタープログラムの創業塾奥能登にある金沢大学能登学舎で、能登里山里海SDGsマイスタープログラムの創業塾が開催されている。今日は必須授業としては初回となる「経営」がテーマの講義で、「失敗しない創業計画とは」というタイトルで遠田が講義を担当した。講義時間は16:45から18:15までの90分という時間帯で、変な時間帯だなと思っていたら、大学生の授業時間でいうと放課後の時間帯になるそうである。創業に興味ある社会人や金大生が参加してくれた。

 →

能登里山里海創業塾「能登里山里海 創業塾」とは、金沢大学マイスタープログラムと興能信用金庫が共催する創業支援プログラム。能登での創業(事業化)に必要な知識を全5回シリーズの講義で学ぶ創業の基礎的な知識を習得するためのセミナーである。学習内容は、経営、財務、労務管理、販路拡大などの実践的な知識の習得をめざす。また、希望者は「実践編」として事業プランの磨き上げやプラン作成の指導を個別相談形式で受けることもできる。
明日開催する「経営」のセミナーは遠田が担当することになった。

 →

kais69857079_2815135298516392_5317597445809504256_o.jpgKAIsは、金沢(K)で(AI)を学ぶ(Study)中小企業診断士の研究会である。今年発足したばかりなので、手探りの勉強会活動である。今回は、五郎島金時の画像分析の研究で実績があるエンジニアの市來健吾氏を招いての勉強会。KAIsのメンバーは全員ノートPCを持参して、Googleコラボを使いパイソンとパイトーチのライブラリを活用した画像分析の機械学習を実施。全員が自分のノートPCでプログラムを走られるという経験は大きい。KAIsのメンバーにはITに強い専門家もいるが、むしろ文系が多く、プログラム言語にはあまり馴染みがないからである。

 →

富山県の6次産業化プランナー遠田幹雄は石川県の6PL(6次産業化プランナー)として登録されている。6次産業化とは、農林漁業者(1次産業)が、農産物などの生産物の元々持っている価値をさらに高めることにより農林漁業者の所得向上を図ることで、生産物の価値を上げるため、食品加工(2次産業)、流通・販売(3次産業)にも取り組み、それによって農林水産業を活性化させ、農山漁村の経済を豊かにしていこうとするものである。
6PLとは、その6次産業化を支援するサポーター。実は、隣県の富山県と福井県でも同様の制度で遠田幹雄は6PLに登録されている。このたび、富山県では6PL派遣のフライヤーを作成したとのことである。

 →

noukayacafelogo.jpg金沢市の代表的な観光地といえば、兼六園、21世紀美術館、そして「ひがし茶屋街」だろう。ひがし茶屋街から主計町を経由して浅野川を渡り近江町市場あたりまでは徒歩で金沢を楽しむには絶好のロケーションである。
そのひがし茶屋街のエリアに金沢の五郎島金時農業法人が農家屋カフェをオープンする。本日はプレイオープンで、正式オープンは9月12日。さつまいもをスイーツとして楽しめるカフェである。

 →

shindanshikousinkensyu2019.jpg中小企業診断士の法定更新研修を受講した。今年は富山での更新研修が能作さんの企業事例発表だったので受講を目論んでいたが、なんと早期の締め切りでタイミングを失い申し込みできず。というわけで今年も金沢の地場産業振興センターでの受講となった。
今年の金沢での更新研修は「事業承継」一色といっていいくらいテーマが絞られていた。1講目の施策紹介でも「今年の中小企業施策の1丁目1番地は事業承継」であるということを強調されていた。2講目は村田会長が事業承継施策を事例を交えての解説、3講目は北國マネジメント株式会社の中村氏も温泉旅館の事例を交えた事業承継の解説だった。

 →

kyoujinkahou.jpg「中小企業強靱化法」は、自然災害の頻発や経営者の高齢化といった厳しい経営環境においても中小企業が事業活動を継続できるよう支援しようとする目的で制定され、2019年7月より施行された。事業継続力強化計画を策定し国の認定を受けた中小企業には、金融税制補助金などの支援策がある。
なお、「中小企業強靱化法」は略称で、正式名称は「中小企業の事業活動の継続に資するための中小企業等経営強化法」。

 →

hirokamiitouten.jpgギャラリー日色<Hiiro>は寺町寺院群の近くにある。古民家を改装したようなおしゃれな佇まいのギャラリーで、運営しているのは素敵な女性の方だった。普段は絵画の展示が多いそうだが、今週は陶芸家の個展ということでいつもとは少し趣が変わっているそうである。
陶工上井の個展は、花器、椀、酒器など生活に密着した普段使いできる焼き物が多数の展示されていた。気に入ったものはその場で購入できる。開催期間は9月8日まで。

 →
このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加