マイクが必要な公演人数は20名以上?会場によるが20名あたりがマイクが必要かどうかの分岐点になりそうだ

マイクが必要な公演人数は?20名あたりがマイクが必要かどうかの分岐点かマイクが必要な公演人数は何人だろう?
20名あたりがマイクが必要かどうかの分岐点か。同じ20人くらいの人数でも会場が狭いときはマイクは不要だが広くなるとマイクは必要となる。会場の違いによる、コミュニケーションスタイルの変化も心得ておかなければならない。

なお、マイクを使うと本当の意味での肉声でなくなるので、伝わり方が微妙に違ってくる。エコーやリバーブがかかって滑舌が悪いと聞き取りにくくなるし、マイクだとどうしても機械的に聞こえるところがでてしまうようだ。
遠田は、マイクを使うときは、かなりゆっくりしゃべるように心がけている。ゆっくりしゃべることで、マイクゆえの聞き取りにくさを少しでも解消したいと思うからだ。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2007/03/post-450.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2007/03/post-450.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2007/03/post-450.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。