置き薬が役に立つ連休、大型連休は病院も休みだから家の置き薬が重宝、置き薬の由来は前田家

置き薬大型連休は病院も休み。だから家の置き薬が重宝する。置き薬の由来は約300年前の富山にて。元禄3年(1690)に富山藩第二代藩主・前田正甫(まえだまさとし)公が江戸城内で急な腹痛で苦しむ大名に所持していた薬を与え治したことからという。(出典:富士薬品
置き薬は「先用後利」の配置薬販売業。利用者である各家庭に薬をあらかじめ預けておき、次回の訪問時に使用分の代金のみ回収し、薬の補充を行うシステム。(出典:">マエダ薬品商事) 置き薬と前田家(マエダ)の関係はいかに。

さて、昨日は8位。今日は何位かな?⇒ぽちっとクリックお願いします

マエダ薬品商事のグループ会社の秀およびナチュラルウェイがセラピエルという保湿クリームを発売。セラピエル無料モニタキャンペーンを2008年2月10日までやっている。また、ラクリエという通販ビジネスもはじめている。置き薬の会社も新ビジネス展開を図っているようだ。このマエダ薬品商事の会長がマエダ薬品商事「食のご意見番!?」会長の食べ歩き日記を毎日書いているが、なかなか面白い。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2007/05/post-493.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2007/05/post-493.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2007/05/post-493.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。