農業におけるコミュニケーションマーケティング、農林統計協会から発行の書籍に遠田幹雄出典のBSC資料が掲載

Agrimarketing農業におけるコミュニケーション・マーケティング ―北陸地域からの挑戦。農林統計協会から2007年9月に発売された書籍だ。北陸4県(新潟、富山、石川、福井)の農業試験研究機関に在籍する農業経営研究者の共同研究の成果だ。米への依存割合の高い水田農業地域において、米価の長期低落傾向は農家の大きな経営問題だ。消費者ニーズを踏まえた農産物や農産加工品の生産販売が不可欠であり、そのためのマーケティング活動の積極的展開を提案している。

さて、昨日は24位。今日は何位かな?⇒ぽちっとクリックお願いします

Agrimarketingbsc 農業におけるコミュニケーション・マーケティングの9章は普及指導員のマーケティング支援能力の向上と研修システムについて。経営とマーケティングを学習するためのツールとしてBSC(バランス・スコアカード)を利用している。資料提供者として遠田幹雄の名前が記されている。

このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2007/12/post-635.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2007/12/post-635.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2007/12/post-635.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。