日本語ドメインをほとんどスパム判定するSEOmozのスパム判定サービス、日本語ドメインのSEOはどうなる?

SeomozurlspamSEOブログで世界一人気が高いSEOmoz.org。ドメイン名からスパムサイトかどうかを判別するツールが公開されている。このSEOmozのスパム判定サービスでスパムと見る傾向は次の項目だ。ドメイン名が長い、.infoや.ccなど簡単に取得できるTLDを使う、ドメイン名に商業価値の高い一般的なスパムキーワードを使用、ドメイン名に複数のハイフンを含む傾向が強い、.comあるいは.orgなどのTLDでないことが多い、などだ。スパムの傾向を数値化して見えるようにできるのは便利。しかし、このアルゴリズムでは日本語ドメインはほとんどがスパムと判定されてしまうことになる。

さて、昨日は30位。今日は何位かな?⇒ぽちっとクリックお願いします

日本語.jp たとえば日本語ドメインのhttp://駅街ガイド.jp/をこのSEOmoz.orgのスパム判定サービスにかけるとスパムスコアは1.104。1を超えてしまいスパム判定になる。またhttp://日本語.jp/もスパムスコアは1.127とスパム判定になる。

日本語ドメインは、日本語を表示するためにピュニコードといわれるxn--から始まる半角英数で表示される。「駅街ガイド.jp」は「http://xn--eckp2gz283bohsa.jp」となる。「日本語.jp」は「http://xn--wgv71a119e.jp」となる。
ピュニコードは、必ずハイホンが2つ以上入る、数字が多く表示される、ドメイン名が長くなる、などの特徴がある。実はこれが、SEOmoz.orgのスパム判定アルゴリズムにばっちりはまってしまうのだ。

実際の検索エンジンがどのような判定をするかは不明だが、SEOmoz.orgのスパム判定に近いアルゴリズムだとSEO効果はほとんど期待できないことになる。

※punycode(ピュニコード)とは、国際化ドメイン名を使用する際に用いられる文字符号化方式の一つで、国際化ドメイン名をASCII文字半角(英数 字や記号等)と互換性のあるものに表現するために考案された。ドメイン名としてpunycodeを使用する場合は、先頭に「xn--」が必ず表示され、その後に符号化された文字が続く。ブラウザではファイヤーフォックスやサファリなどのブラウザはかなり前から日本語ドメインに対応していた。IE6は標準では日本語ドメインを解釈できなかったが、IE7以降は日本語ドメインに対応したため、今後の日本語ドメインの普及が期待されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2008/06/seomozseo.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2008/06/seomozseo.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2008/06/seomozseo.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。