大豆の収穫は手作業で行い「はさ干し」にするのがここ数年のマメジン流の大豆収穫と乾燥の方法

実りの秋、マメジンの畑では大豆の収穫時期実りの秋、畑では大豆の収穫時期を迎えた。そこで本日、マメジンでは恒例の大豆の収穫を行った。マメジンはすべて手作業で収穫作業を行う。ここ数年は大豆の乾燥を「はさ干し」にするのがマメジン流になっている。収穫した大豆は数本ごとに紐でしばり、米を乾燥させた「はさ干し」の棹を借りて大豆を干した。このまま2~3週間乾燥させてから、さやの中の乾燥大豆をたたき出すマメタタキ作業が次のステップ。

収穫した大豆収穫した大豆は、米のはさ干し用の竿を借りてはさ干しにした。(マメジンの大豆の収穫の様子はマメジンのホームページで紹介)
本日はサツマイモやサトイモやネギも収穫できた。収穫できたことに感謝、ありがとう。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2008/10/post-805.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2008/10/post-805.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2008/10/post-805.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。