その農産物を、今、私に買う理由がありますか?石川農林総合事務所等主催の研修会にて遠田が講演したテーマ

20081202tohda石川県きっての穀倉地域は白山市や野々市町などの白山水系の一帯だろう。農業分野で天皇杯授賞などで日本一になった農業法人が数多く存在するアグリビジネスのメッカだ。ここ数年でも日本農業大賞を受賞した農業法人もある。この石川農林総合事務所が担当するエリアで、法人経営者及び集落営農リーダー等研修会が12月2日の午後7時から開催された。

Syutakueinouseminer研修会は2本立てで、前半は集落営農の事例発表で、後半は遠田の担当で農産物マーケティングがテーマの講演。
前半の事例発表は、中能登町の春木生産組合事務局で能登やまびこ理事の稲場氏が、今年の4月に立ち上がった集落営農の事例を熱く語ってくれた。地域を愛する思いと、ビジネスとしての農業を両立させようというすばらしい取り組みに感動した。「二階建て方式」、「推進方策6箇条」、「営農ビジョンを作成し集落に承認してもらう」、「オーディションによる担い手発掘」など、具体的な資料を公開してくれた稲場氏には、本当に感謝である。
遠田は、稲場氏の発表の後に、農業マーケティング、農商工連携の取り組みなどについて説明した。講演テーマは「その農産物を、今、私に買う理由がありますか?」。商品名と価格だけの表示では、消費者が買う理由を見出せないことなどの消費者心理と行動パターンを解説した。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2008/12/post-824.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2008/12/post-824.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2008/12/post-824.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。