集客を考え直すデジタルサイネージ(電子看板)の出現、広告の目的を明確に絞るならば「集客」が広告の目的になる

Syukyakuds集客はうまくいっているかどうか。広告の目的を明確に絞るならば広告の目的は「集客」になる。東京ビッグサイトの2009スーパーマーケットトレードショーには多数の食品が展示されていたが、集客のための電子看板の提案もあった。電子看板はデジタルサイネージと言われており、北米ではすでにかなり効果を上げているため今後日本でも普及が進むものと予想されている。

同じ店舗でも設置場所により電子看板(デジタルサイネージ)の役割が変わる。店頭ならば路面通行客への「集客」が目的で、店内への誘導のための訴求が重要になる。店内で商品陳列されているところならば「購買」を誘う訴求が重要だ。

デジタルサイネージとは単なる電子看板ではない。デジタル技術を使いタイムリーに映像や情報をディスプレイ表示する「次世代型インフォメーションシステム」である。このデジタルサイネー ジがセンサーを持ち効果測定が瞬時にできるようなマーケティングシステムになれば、CRMやCMSと連動しタイムリーにその場に最適な映像を演出すること が可能になる。(関連記事:


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2009/02/post-858.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2009/02/post-858.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2009/02/post-858.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。