クラウドコンピューティングの準備として暗号化ソフトの選定をすすめてきたが「極秘!自動暗号化」に決まりそう

Jidouangousoftクラウドコンピューティングを実施するための準備として暗号化ソフトの選定をすすめてきた。フリーソフトのものには結局ニーズに合うものがなく今年2月発売のソフトを購入した。株式会社フロントラインの「極秘!自動暗号化」だ。このソフトは自動暗号化するフォルダをあらかじめ決めておけば、そのフォルダにコピーするだけでファイルごとに暗号化してくれる。自動暗号化は、複数のファイルでもフォルダごとでも暗号化フォルダの上にドラッグアンドドロップするだけでOK。ファイルを復号化(解凍)するさいは、無料の専用復号ソフト「デサイファーアプリケーション」を使う。ファイル1つ1つにPWがつけられたうえ、暗号化すると圧縮がかかり、ファイルサイズが小さくなるのがいい。

極秘!自動暗号化」はベクターから1890円でダウンロード購入できる。個人ユーザーであれば(利用者が1人ならば)、複数のパソコンにインストールすることが可能というのもうれしい。

想定している使用方法は以下のとおり。

▼モバイル用のノートパソコン
1.HDには重要データを入れない
2.データを参照したい場合は、WEBストレージからダウンロードする
3.ダウンロードしたデータは暗号化されているので復号化して使用する
4.データに変更を加えた場合は新しいファイルとしてHDの暗号化フォルダに記録する
5.新しいファイルは事務所のデータ用サーバにコピーした後に削除する

▼事務所のデータ用サーバ(パソコン)
1.モバイルパソコンからデータをバックアップ領域にコピーする
2.「極秘!自動暗号化」を使って共有したいフォルダだけを自動暗号化する
3.共有フォルダをWEBストレージに自動でアップする

このやり方で運用できるように5月中に準備し、6月からの移行を検討している。

ちなみに多数のファイルが入った4.5GBのフォルダをまるごと暗号化するのに要した時間は約1時間で、暗号化後のフォルダのサイズは約3.8GBとなった。

▼参考データ(株式会社フロントラインより引用)
極秘!自動暗号化 特長・機能

こんな時に便利
・重要なデータの暗号化
・データの安全な受け渡し
・不正なファイル共有ソフトへの対策
・共用するPCでの個人情報の保護

主な機能
・インストール後は、暗号化用のフォルダーを設定するだけの簡単設定
・暗号化は、ファイルやフォルダーをドロップするだけ(暗号化されるのはファイル単位)
・暗号化フォルダー内のダブルクリック+パスワード入力で、簡単編集
・暗号化フォルダー外では、ダブルクリック+パスワードで、ファイルを復号
・暗号化フォルダーは、異なったパスワードで複数個設定可能
・暗号化フォルダーから出したファイルは、暗号化されたままの安心設計
・デサイファーアプリケーションで、復号も可能

その他の機能
・サポートする暗号化方式
世界標準のAES暗号を採用した安心設計です。
・複数のPCで自動暗号化フォルダーのパスワードを揃え、暗号化ファイルをより安全に保管複数のPCで自動暗号化フォルダーを用意しパスワードを揃えておくと、他のPCから受け取ったファイルを自動暗号化フォルダーに保存するだけで、暗号ファイルをダブルクリックだけで開くことができ、またファイルを終了させた時には再び暗号化されます。
・個人で利用する複数台のPCで使用可能
本製品では、ユーザー様が個人でご利用のPCであれば、複数台でご利用いただける使用許諾になっています。会社や家庭、またノートPC等、複数のPCをご活用になるユーザー様も余計な出費を心配されることはありません。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2009/05/post-890.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2009/05/post-890.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2009/05/post-890.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。