中小企業診断士年収は500~800万円が最多回答、中小企業診断協会のアンケート結果がJnet21に公開された

中小企業診断士の年収中小企業診断士の年収について、中小企業基盤整備機構のWEBサイト「J-Net21」でアンケート結果が公開された。「データで見る中小企業診断士」というコーナーで、中小企業診断協会が行ったアンケートを分析したものだ。
中小企業診断士の年収で最も多かった回答は「年収500~800万円」というゾーンだった。次に多かったのが「1000~1500万円」で、さらに「800~1000万円」が続いており、この3つのが突出している。この連続する3つをまとめて「500~1500万円」という年収は全体の約半数(48%)になっている。

ちなみに、中小企業診断士の年収に関するデータは、「業務全体」の日数が100日以上の方のコンサルタント業務を行っている中小企業診断士...に限って集計 しているようである。

このデータのもともとの出典は中小企業診断協会である。中小企業診断協会は中小企業診断士の有資格者で組織する社団法人で、協会への加入率は有資格者の約半数程度と見られており、とくに独立診断士やプロコンの加入率は高い。そのため、このデータの信ぴょう性はかなり高く、アンケート結果にはそれなりの妥当性があるものと思われる。

【調査方法】
1.調査対象:会員および準会員(8,376名)に対する郵送法
2.調査時点:平成17年9月
3.回 答 数:4,649名(回答率55.5%)

詳しくは、「データで見る中小企業診断士」をご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2010/02/500800jnet21.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2010/02/500800jnet21.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2010/02/500800jnet21.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。