中小企業こそ経営合宿、全社員が知恵を出しあって戦略を立案しよう(バランススコアカード戦略)

SWOT分析から対策案をひねり出す中小企業にこそ戦略立案が重要だ。生きた経営戦略を立案実行するためには、経営者のトップダウンだけではなく、第一線の社員たちも意思決定に参加する全員参加のボトムアップ型の経営戦略づくりが有効。その方法としては経営合宿がある。一夜を共にし、知恵を出しあって「あるべき姿」に向かっていく術を探ろう。戦略立案手法としてはBSC(バランススコアカード)を活用する。写真はSWOT分析から対策案をひねり出しているところ。

石川県青少年総合研修センター金沢市で宿泊ができる研修施設として定評がある石川県青少年総合研修センター。場所は卯辰山の中腹にある。今日の金沢の天気は雪なので、窓からは雪景色が見える。ときどきは風景を眺めてリフレッシュしながら、明日の昼までには戦略を練り上げる。

このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2010/03/post-1078.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2010/03/post-1078.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2010/03/post-1078.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。