MTのデータベースは圧縮すれば動きが軽快になる(MT4でsqliteの場合)

Tksqliteムーバブルタイプ(movabletype、通称MT)の最新バージョンは5.0xだが、現役MTはバージョン4.xが多い。さらにMT4はデータベースが選択できるため、mysqlではなくsqliteを使用している例も多い。「MTOSで行こう!」ではMTOS4のカスタマイズデータを無料提供しているがデータベースはsqliteである。sqliteを選択するもっとも大きな理由は「早さ」だ。再構築速度が早い。通常の動きもサクサク動く。ただし、データベースは使用する度にどんどん大きくなるためだんだん遅くなっていく。その解決方法を発見した。

sqliteのデータベースにはログ情報やスパムのコメントやトラックバックなども含まれるが、実は記事よりもそれらのログ情報が多かったりする。ログ情報は削除しても動作には問題ないので削除してもよい。

しかし、ログ情報を削除してもsqliteのデータベースのファイルサイズは変わらない。SQLiteのデータベースはログ情報を削除しても非使用領域が残り、データベースのサイズが小さくならない仕様になっているからだ。

そこで使えるのが「tksqlite」というフリーソフトだ。
Tksqliteのvacuum画面 tksqliteにはsqliteのデータベースの不要部分を取り除き、ファイルを圧縮する「vacuum」という機能がある。

tksqliteのvacuum機能を使ってみたところ、ドモドモコーポレーションのsqliteのデータベースが55MBから15MBへと激減した。なんと40MBのダイエット効果!

データベースはFTPでダウンロードし、tksqliteのvacuum機能でダイエットし、その後またFTPでアップロードする。

いずれの工程でもバックアップをとり慎重に作業する必要があるが、手順そのものはシンプル。

vacuumの実行 vacuum操作は簡単。上記のようにメニューから「データベース」から「vacuum」を選択すると、左の確認画面がでるので「OK」をクリックするだけ。数秒後にデータベースのファイルサイズが小さくなる。長く使っているデータベースほど効果がでる。

これで軽快な動きになった。MT4でsqliteを長く使っている方にはおすすめの対策。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  

この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2010/06/mtmt4sqlite.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2010/06/mtmt4sqlite.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2010/06/mtmt4sqlite.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。