工場が完成したら竣工式で神事とお披露目

竣工式工場や商業施設の完成の際には竣工式を行うことが多い。竣工式は建物のお披露目が目的であるが、神事としても行われている。神事としての竣工式は、建物が無事完成したことを神に奉告すると共に感謝し、その建物が永く堅固でありビジネスに貢献することなどを祈願する。建設に関する神事としては、建物を建てる前に地鎮祭を行い、完成したら竣工式…というのが一連の流れになっている。

竣工式の式次第竣工式の式次第は、まずは「神事」を行い、その後に工場見学、そしてお披露目のパーティとなる直会(なおらい)という手順になった。
神事の中では、開式後に修祓があり祝詞奏上や玉串奉奠などを行い閉式となる。

有限会社かわにの新加工場本日の竣工式は、有限会社かわにの新工場。

金沢市粟崎の木工団地の一角に新しく建物を建築した。新工場は事務所と加工場が一体になり、衛生管理も万全な最新の設備を導入している。五郎島金時の加工に関しては、この道を切り拓いてきた河二さんが新工場で新たなスタートを切った。

この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業である株式会社ドモドモコーポレーションの代表取締役。石川県金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントである。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開している。商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしている。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介している。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2010/06/post-1135.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2010/06/post-1135.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2010/06/post-1135.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。