スーパー銭湯の真の顧客は誰なのか?風呂に入らない来場者が目立つスーパー銭湯

スーパー銭湯スーパー銭湯とは、本来の銭湯の機能だけではなく、温泉、露天風呂、各種アイテムバス、サウナなど付加的な風呂設備を持つ。さらに外食や髪のカットができる理美容室、マッサージコーナーなどの各種施設及び店舗を併設する公衆浴場である。すでにスーパー銭湯も市場に浸透し珍しくもない状況になっており、大型ショッピングセンターなどには併設されることが増えている。多様なニーズを満たすようになったスーパー銭湯だが、真の顧客は誰だろうか?

遠田はよく金沢市内のスーパー銭湯を利用する。しかし、風呂に入るためではない。食事をしてパソコンを使うためである。目的としてはインターネット喫茶的な利用法である。しかし、インターネット喫茶は閉塞感があって日中入る気がしない。また、ファミリーレストランでビジネスマンの一人利用も居心地が悪くてゆっくりと過ごせない。
そのような理由で、日中、少し時間があいたときは入場無料のスーパー銭湯の飲食コーナーでパソコンを開き仕事をしている。お腹がすけばなにか食べられるし、ドリンクも自販機がある。足を下ろせる掘りごたつ式の机と畳敷きなので、ときどき横になってもいいのでくつろげる。
午後4時ころ、飲食コーナーを見渡すと、お風呂に入りにきた人以外の利用が半数以上のような気がする。
さて、スーパー銭湯の真の顧客は誰なのか?
「お風呂に入ること」を目的にしない来場者が増えている様子をみて、ふと気になった。

顧客のニーズはどんどん変化している。同じような業態でも、いつのまにか、違う顧客にシフトしていることがある。この変化に気づいて次の手を打つのがビジネスの鉄則である。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  

この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2010/09/post-1186.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2010/09/post-1186.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2010/09/post-1186.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。