フェイスブック(facebook)の利用者はグーグル(google)を超えた、いよいよソーシャルメディア時代が本格化

フェイスブック(FaceBook)昨年(2010年)のネット利用者は、グーグルよりもフェースブックのほうが多かったということがわかった。(出典は日経WEB刊の記事など複数)
日本では、「フェイスブックって何?」という方もまだまだ多いかもしれないが、世界ではWEB環境が大きく変化している。フェイスブック(FaceBook)とは、Facebook, Inc.が提供する世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)であり、利用者は約5億人。日本のSNSでは「ツイッター」が昨年大流行したが利用者は1.5億人程度であり、利用者数ではフェイスブックに及ばない。

日本のSNSは昨年大きな変化だった。ツイッターの大流行やミクシィの底堅い人気に加え、さらに携帯SNSのグリーやモバゲータウンのDeNAも隆盛を振るっている。すでにこれらの利用者は数千万人単位になっている。
そんな中で、日本では後発のフェイスブックがこれほど注目される理由はなにか?
もっとも大きな違いは「ビジネス利用がオープン」という点だろう。比較されやすいミクシィは個人コミュニティが基盤であり、原則としてビジネスは禁止になっている。ツイッターはビジネス利用はOKだが、140文字の制限からインフラとなるホームページやブログなどに誘導する必要がある。
その点、フェースブックはSNSでも多機能であるためサイト内でかなりのことが実現する。とくにファンページという誘導ページをうまく活用することでおおいにビジネス利用できる。海外では成功事例も多い。Web Producerの蒲生トシヒロさんが書いた「Facebookの時代はそこまで来ている」はとても参考になる。

▼フェイスブックの遠田幹雄

遠田幹雄 | バナーを作成

▼フェイスブックのファンページ
どもども(^^)v遠田幹雄です
ブログはMTOSで行こう!

※こんなページが無料で作成できます。

テレビ東京のWBS(ワールドビジネスサテライト)という番組でフェイスブックの特集がされており、その一部がWEBサイトに動画で公開されていた。
会員5億人以上 フェイスブックとは

Like Buttonのプラグインコード:

▼iframe

▼XFBML

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2011/01/facebookgoogle.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2011/01/facebookgoogle.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2011/01/facebookgoogle.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。