一泊二日の経営合宿で全員が3分間スピーチで意見を発表する

スプリングキャンプは一泊二日の経営合宿スプリングキャンプは一泊二日の経営合宿。経営戦略を磨き実効性を高めるためには年に一度は行うと有効だ。今回、この中小企業では「ホスピタリティ」をテーマにした経営合宿を行なった。異業種のサービス業事例ビデオを見てグループで意見交換して発表したり、自分の思いを3分間スピーチで発表したり、全員参加の経営合宿だった。

職場を活性化させる「気づきメモ」という概念がでてきたのはとてもいい成果だった。「させられる」とか「やらされる」という義務感ではなく、自主的に気づいて発信していくというスタンスが、人を輝かせるし、組織を活性化していく。

入店二日目の高校一年生のアルバイトが一所懸命に後片付けをして元気に「はい」と返事する。その姿に感動したお客様からのお礼の言葉になにを気づくかという点にも学ばされた。入店二日目のアルバイトの高校生から、「一所懸命さ」を素直に学んだ店長の心の奥行きの深さが、人の成長につながっていく。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2011/02/post-1301.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2011/02/post-1301.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2011/02/post-1301.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。