おろし汁蕎麦は十割で!石臼挽き手打そば村田屋

石臼挽き手打そば村田屋金沢で蕎麦を食べるなら石臼挽き手打そば村田屋がいい。メニューには載っていないが「おろし汁そば」と注文すると、大根おろし汁とかえし(醤油+みりん)のダシ汁でおろし蕎麦を出してくれる。鰹節やかつおだしが入っていないベジタリアン仕様の蕎麦である。このおろし汁蕎麦を「十割で」と、リクエストすると蕎麦を十割そばに代えてくれる。

おろし汁そばのだしは大根おろしの汁 おろし汁そばのだしは大根おろしの汁。これにかえしを適量入れる。おすすめの食べ方は、①まず蕎麦だけを食べる。香りがたってそば本来の味がわかる。②大根おろし汁につけて食べる。大根おろしの辛さが蕎麦のうまみを引き立たせてくれる。③かえしを少し入れて食べる。醤油の味でピリっとうまみが上乗せされ、後味にはほのかに甘みが残るのがいい。なお、かえしはあまり入れずに少しずつ入れたほうが味の変化が楽しめてよい。

この村田屋さん、ブログとツイッターを始めたようである。
「石臼挽き純手打そば村田屋」店長のブログ http://ameblo.jp/sobaya-fm77/
ツイッターは@muratatakahito

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  

この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2011/03/post-1320.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2011/03/post-1320.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2011/03/post-1320.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。