戦略立案で事業ドメインを検討する、これまでの顧客は誰だったか?そして未来の顧客は誰なのか?

戦略立案で事業ドメインを検討する戦略立案のグループワークで、事業ドメインを検討する。事業ドメインが示すものは「顧客は誰なのか?」ということである。これまでの経営の状況はSWOT分析などを行なうことで冷静に見えてくる。これまでの当社の顧客は誰だったのか?そしてこれからも変化は起こり経営環境はどんどん変化していく。未来の顧客は誰になるのか?つまり、現在の顧客と未来の顧客の両方を検討することが事業ドメイン設定で重要なポイントになる。

事業ドメイン事業ドメインは、3つの丸囲まれた象限に記入する。一番上は「顧客」で「顧客は誰なのか?」ということを直接的に表現する。左下は「ニーズ」で、顧客が当社に求めている「期待」を表現する。右下は「独自能力」で、そのためにはどのような能力が必要なのかを表現する。能力というのは「ヒト」につくものであり、「組織」としてのチカラを表す。能力を「自社商品」などの「モノ」で表現するのではなく「◯◯する能力」と表現するように工夫すると書きやすい。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2011/07/post-1410.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2011/07/post-1410.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2011/07/post-1410.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。