節電の夏は扇風機と涼しさを感じるおろし蕎麦で乗り越える

扇風機扇風機を置いてある蕎麦屋さんが増えている。
節電が叫ばれているこの夏は、冷房温度を少し高めに設定したり、日陰を作るすだれをおいたり、扇風機を使ったりと、昔懐かしい夏の過ごし方の風景が目に付く。目で見て感じる涼感も大事な要素だ。
やはり、冷たいおろし蕎麦は涼感をさそってくれる夏らしい食べ物だ。

冷たいおろし蕎麦

能登中島(七尾市)で自家製粉石臼挽き手打ち蕎麦で有名な蕎麦処くき。明治21年建築の古民家を改築した味ある店舗で冷たいおろし蕎麦をいただいた。

今日は割と涼しく、扇風機もつけずに過ごせた。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2011/07/post-810d.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2011/07/post-810d.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2011/07/post-810d.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。