真夏の梅干しは農家の玄関先や庭先で天日干しされている梅干しがうまそうだ

梅干しは農家の玄関先で天日干し真夏の太陽のチカラが強いこの時期に農家を訪ねると玄関先や庭先で梅干しを天日干ししてある風景を見かける。よい梅干しの作り方を尋ねると、梅を干す時の3つの注意点を教えてくれた。
その3つとは、「風通しの良い場所に干すこと」「ザルの下も、風通しを良くすること」「太陽の光に直接当てること」である。
ただし、日差しが強すぎる時は、日向(ひなた)よりも半日陰で風通しの良い場所で干したほうがよいということだった。

なお、梅干しの作り方は以下のとおり。
1.完熟した梅と、完熟梅の18%の塩を用意する
2.広口瓶に完熟梅と塩を入れる
3.完熟梅の2~3割程度の重さの重石をのせる
4.3日ほどすると梅酢が出てきて梅全体を浸すようになる
5.梅酢が梅全体に行き渡るように時々かき混ぜ1ヶ月ほどおく
6.梅を瓶から取り出し真夏の天日で干す(裏返しながら4~5日)
7.梅干しのできあがり
この作り方だと10年経っても腐らないそうです。塩分18%以上だと食中毒の菌は生きられない環境だということですね。逆に塩分少なめの減塩梅干しは食中毒菌の発生が心配なので家庭では難しいようです。
添加物なしの自然な梅干しは一度自分で作ってみたいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2011/08/post-1434.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2011/08/post-1434.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2011/08/post-1434.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。