ペルソナは究極のたったひとりのお客様

ペルソナは究極のたったひとりのお客様ペルソナとはマーケティング手法のひとつで「究極のたったひとりのお客様」を想定するという、とても絞り込んだ顧客ターゲットの設定方法である。そのペルソナが満足してくれるように自社の商品やサービスを最適化しようというということだ。顧客像がひとりなのでニーズがぶれない。ペルソナが満足してくれれば、ペルソナによく似た行動特性のお客様たちに対しても同じように満足してもらえるだろう。

▼ペルソナ設定シートの例
ペルソナ設定シート
このペルソナ設定シートは「究極の顧客絞込みはたったひとりのペルソナを満足させること、WEBサイトのペルソナを設定してみよう」より引用しました。

ペルソナの設定は、氏名、年齢、性別、家族構成、住所などの属性情報だけでなく、価値観や行動特性も表す必要がある。趣味やライフスタイル、好きなこと嫌いなことなどを具体的に設定していく。重要なのは、属性情報よりも価値観やライフスタイルに関することが表現されているかどうかだ。単にアラサー独身女性という属性情報だけで表現しても、そのような方が、同じ価値観でライフスタイルや行動特性が同じとはいいきれない。もっと絞り込むためには、より感性に近いところで共感できるような物語なども必要になる。
そして当社との関係性についてのゴールイメージを描いていく。
ペルソナをしっかりとイメージし設定できれば、あとはそのペルソナに向けて、商品もサービスも最大限の価値提供ができるように日々努力していくことが大事なことである。
なお、ペルソナの設定が間違っている場合もある。しばらく時間がたって、どうも設定したペルソナが違っているぞ…と感じたら、もう一度あらたにペルソナを設定しなおすのがよい。また、そのような違和感を感じることができるのもペルソナを設定した効果のひとつであるといえる。

ペルソナ設定のグループワークある勉強会で「当社の顧客は誰なのか?」というターゲッティングやセグメンテーションのツールとして、ペルソナを使ってグループワークを行なったことがある。ペルソナの氏名にもいろんなアイデアがあって、「初恋の人」だったり、「商品をイメージする名前」だったり、「ワーク参加者4人の漢字一文字づつをとって作った4文字の名前」だったり、想像力を感じる設定だった。

このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2011/08/post-1447.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2011/08/post-1447.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2011/08/post-1447.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。