能登の里山里海は世界農業遺産に認定されてたくさんの人が訪れるようになった

白米の千枚田 世界農業遺産は何世紀にもわたるような地域環境を生かした伝統的農法や農業に関わって育まれてきた文化、景観、生物多様性に富んだ世界的に重要な地域を次世代に伝承することを目的として、2002年に国連食糧農業機関(FAO)が創設した制度である。2011年6月に「能登の里山里海」が世界農業遺産に認定され大きなニュースになった。この夏は国内はもとより世界中から石川県能登半島に観光客や視察で、たくさんの人が訪れたようである。(写真は輪島市の白米の千枚田

能登の里山里海は世界農業遺産に認定 世界農業遺産が認定した「能登の里山里海」の地域は、羽咋市以北の4市4町でほぼ能登半島全体になる。
「能登の里山里海」には、神子原米や能登野菜などの「農産物」、白米の千枚田や春蘭の里などの「景観」、揚げ浜式製塩や能登各地の炭焼きや海女漁など里山里海の資源を活用した「伝統的技術」、 あえのことや能登各市町に伝わるキリコ祭りなどの「文化・祭礼」などの地域資源がある。

なお、世界農業遺産(GIAHS)に認定されている地域はこれで全世界で12となった。
■2011年6月に認定された世界農業遺産は4地域
能登の里山里海(日本/石川県)、トキと共生する佐渡の里山(日本/新潟県)、トン族の稲作・養魚・養鴨(中国/貴州省)、サフラン栽培(インド/カミール)
■これまでに認定された世界農業遺産は8地域
古代バレイショ農法(ペルー)、チロエ農業(チリ)、イフガオの棚田(フィリピン)、マグレブのオアシス(アルジェリアなど)、水田養魚(中国/浙江省)、ハニ族の棚田(中国/雲南省)、万円の伝統的稲作(中国/江西省)、マサイの伝統(ケニアなど)

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  

この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2011/09/post-1453.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2011/09/post-1453.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2011/09/post-1453.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。