アップルのicloudはウィンドウズパソコンとiPodやiPadやiPhoneとの写真データ共有が便利だ

アップルのicloudアップルの「iCloud」はiPodやiPadやiPhoneでデータ共有ができるクラウドサービスである。iPodやiPadやiPhoneを使い際に撮影した写真データやメールのデータをWEB上の記憶領域に保存できるWEBサービス。5GBまで無料で使えるので便利。この「iCloud」はアップルではないウィンドウズのパソコンでもiCloudアカウントがあれば使うことができる。使いたいコンピュータで使用したいiCloudサービスをオンにするばよい。

ウィンドウズパソコンで「iCloud」を設定するには「icloud.com」にログインした後で、コントロールパネルから設定する。
コントロールパネルの「コンピュータとインターネット」をクリックすると「iCloud」というメニューがある。「iCloud」をクリックすると以下のような設定画面になる。
ウィンドウズパソコンでicloudを設定
ここでは「フォトストリーム」をクリックし、写真画像を共有を行なった。iPhone(またはiPod touchやiPad)で撮影した写真などは自動的に「iCloud」にアップされフォトストリームにアップされている。その写真画像をパソコンで自動的にダウンロードしたり、自動的にアップロードしたりできるようになる。

例えば、アップロード用のフォルダをマイドキュメントの「upload」、ダウンロード用のフォルダをマイドキュメントの「download」と設定しておくと、iPhone(またはiPod touchやiPad)で撮影した写真は自動的に「download」にダウンロードされる。
ダウンロードされた写真はパソコンで自由に編集したり削除してもよい。「iCloud」のフォトストリームの写真は変更されない。
また、パソコンの「upload」フォルダに写真を追加すると自動的に「iCloud」のフォトストリームの写真に追加されるので、iPhone(またはiPod touchやiPad)で閲覧できるようになる。

このやり方をうまく活用すれば、パソコンとiPhone(またはiPod touchやiPad)などとの写真の共有が便利になる。

コントロールパネルで「iCloud」のアイコンが見当たらない場合は、「iCloud Control Panel for Windows」をインストールするとよい。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2012/02/icloudipodipadiphone.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2012/02/icloudipodipadiphone.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2012/02/icloudipodipadiphone.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。