フェイスブックが全面的にタイムライン表示に切り替わるとカバー画像がポイントになる

Facebookカバー画像フェイスブックのフェイスブックページは3月30日でタイムライン表示に切り替わる。これで個人アカウントのプロフィールページもフェイスブックページもタイムライン表示になる。個人のフェイスブックページを持っている場合は見分けがつきにくくなる。複数のフェイスブックページを利用している場合も同様で区別しにくくなる。
フェイスブックのタイムライン表示はカバー画像が大きなポイントである。オリジナリティあふれるカバー画像ならひとめで判別できる。アイコン写真は同じでもカバー画像を変えることで変化をつける方法もある。

遠田は、個人プロフィールページとフェイスブックページのカバー画像を違うものにすることで変化をつけてみた。これでしばらく様子をみることにする。

遠田幹雄の個人プロフィールページ
http://www.facebook.com/tohdamikio
(カバー画像は上記のセミナ講師の会場風景)

遠田幹雄のフェイスブックページ
http://www.facebook.com/mikiotohda
(カバー画像はドモドモコーポレーションのイメージで使っている葉影からみえるお月様の写真)

なお、カバー画像には広告宣伝的な文字を挿入することは禁止となっている。またカバー画像は横長でアップロードする画像は左右961ピクセルにするのがよさそうだ。アップロードしたあとで、上下に移動しちょうどよいポジションで固定することができる。

カバー画像の設定や変更に関しての情報は、Facebook navi [フェイスブックナビ] のFacebookの使い方に「Facebookの便利な機能:タイムラインのカバー画像の設定の方法」で説明されているので参考にするとよい。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2012/03/post-1596.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2012/03/post-1596.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2012/03/post-1596.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。