「世界に響け職人の心意気」には命ある限り伝統を守るという強い意志があった。株式会社タニハタ代表谷端信夫氏

命ある限り伝統を守る作家ではなく職人。「世界に響け職人の心意気」の著者である谷端信夫氏は「職人を愛している」と、この書籍で書いている。職人は泥臭く地味だ。職人には自分のクセはあっても作風は持たないし、技術を極めようとする意識が強い。愚直にまっすぐひたすら作り続ける。
谷端信夫氏は「職人は手作業でものづくりをするだけでなく、料理人、経営者、ボランティア、教職など、すべての職種に存在する」という。自分の魂の一部を作業の中に入れ込み、それを利用する相手のことを考えながら仕事をする人のことを職人という概念でとらえている。

この国を大切に思い、自然と大地を敬い、自分の分身である作業道具、材料を大切に、人の縁を大切にする。ときには、自分の命、利益をすり減らしてもその仕事をまっとうする人のことをいう。これが職人である、と谷端信夫氏は述べている。

実は「伝統文化」というのは絶えず変化し続けている歴史がある。ただ守るものではなく、攻めて行かなければ「伝統文化」は守れない。時代の流れに適合し、守るべきものと、変えていくものを判断していくことが必要になる。その意思決定は、時として重いことがあるが、それでも時を乗りこれていくから歴史ができる。

遠田はプロフェッショナルとは「次の仕事も頼みたい」と思われるような仕事をする人だと考えている。 谷端信夫氏がいう「職人」とは、まさに「プロフェッショナル」である。

そして、谷端信夫氏は伝統文化を守り、そして攻めて歴史を作っていく「プロフェッショナル」である。

世界に響け職人の心意気

「世界に届け職人の心意気」は今月末に全国一斉発売。

出版おめでとう。谷端信夫氏の強い職人の志は日本の宝だと思う。たくさんの人に読んでほしい良書である。とくに、中小製造業の人にはぜひとも読んでほしい。

株式会社タニハタ
代表取締役社長 谷端信夫
http://www.tanihata.co.jp

谷端信夫氏のこの素晴らしい書籍の185ページ目に遠田やネット勉強会仲間のことが好意的に書かれていた。ありがとう、谷端さん。
オヤジギャグ同好会も紹介された
しかし、書かれているのはオヤジギャグのことばかりなのはなぜか?オヤジギャグ職人の道は遠い…(笑)。

▼ニューヨークでの展示会の様子

http://youtu.be/FqYocS79srU

▼タニハタ会社案内

http://youtu.be/AvziE_Ir95s

▼谷端氏の書籍を応援する公式フェイスブックページもある。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2012/04/post-1620.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2012/04/post-1620.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2012/04/post-1620.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。