熊坂仁美さんが昨年に続き今年も金沢でフェイスブックセミナ、ソーシャル活用の真髄を語ってくれた

熊坂仁美さんフェイスブック活用では第一人者といわれている熊坂仁美さんが昨年に続き今年も金沢でフェイスブックセミナ講師としてやってきた。5月26日(土)、会場は金沢駅前のANAクラウンプラザホテル、主催は北陸フェイスブック研究会。
昨年1月のセミナのときから、はるかにパワーアップした熊坂仁美さん。前回は外国事例が中心でしたが今回は日本の事例を中心に。フェイスブックを技術で語るのだけではなく、愛情で語るところが熊坂仁美さんの真髄。すばらしい伝わり力だった。さすがフェイスブックのファシリテーターとしては国内最高峰。

熊坂仁美さんo 前回は外国事例が中心だったが今回は日本の事例を中心に。フェイスブックを技術で語るのだけではなく、愛情を持って語るところが熊坂仁美さんの真髄。すばらしい伝わり力だった。さすがフェイスブックのファシリテーターとして国内最高峰の人だ。聞く人をぐっとひきよせていた。

写真は、セミナ会場に入場するときの熊坂仁美さん、にこやかです。

このセミナで一番印象的だったのは富山からセミナに参加していた蒲鉾本舗河内屋さんの河内さん。なんと特製「P」の蒲鉾を作って熊坂さんにプレゼントしていました。熊坂仁美さん、動画もアップされています。

すごく楽しいサプライズですね。シェアしたくなります。

熊坂さんが紹介していたWEBサイトやWEBサービス
▼pinterest(ピンタレスト)
世界第三位のSNSがpinterest、人ではなく写真でつながるところが新鮮で女性や一般生活者のユーザーが多いのも特徴
http://pinterest.com/

▼英語の翻訳サイト
http://ja.mygengo.com/translation-services/
機械翻訳ではなく人が翻訳してくれるのでとっても自然でわかりやすいということ。無料サービスと有料サービスがある。

▼熊坂仁美さんの「人が人を呼ぶ『フェイスブック』の活用事例セミナを、その場で遠田がメモしたマインドマップ
※クリックするとPDFでダウンロードできます。 熊坂仁美さんセミナをその場で遠田がメモしたマインドマップ


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2012/05/post-1638.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2012/05/post-1638.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2012/05/post-1638.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。