宝来屋の昆布味噌を会津柳津の「かあちゃんのまんまや」で食べるという福島県の味わい方

Konbumiso郡山の糀・味噌の宝来屋で昆布味噌を調達した。この昆布味噌は宝来屋社長から直々に説明を受け、特別にわけていただいたものだ。宝来屋の訪問は6月16日だった。自宅に戻れるのは6月18日の深夜になるので、時間が経過してしまう。そこで、6月17日夜に会津柳津の「かあちゃんのまんまや」という田舎料理屋さんで食べることにした。

Konbumisotaberu郡山の糀・味噌の宝来屋で調達した昆布味噌を食べた。美味しかった。この店は「かあちゃんのまんまや」。わがままな持ち込みを快く調理してくれた。

福島の安全な食材を福島で消費することは、福島県の支援になる。ひとりひとりの活動は小さくても、そのような活動が広がればいいなと感じた。

Kaacyanmanma夕食は会津柳津の「かあちゃんのまんまや」という田舎料理の店で食べた。とても親切な女性主人が運営している店で、食材も付近で採れた野菜や山菜を調理した素朴なものが多く、とっても安心して食べることができた。

花ホテル滝のや宿泊したのは会津柳津の「花ホテル滝のや
滝のや代表の塩田氏は、地域を盛り上げる活動に熱心で、アイデア豊富な企画マンであった。福島県の会津地区では観光は重要な産業で温泉も多数あるが、原発の風評被害で観光客は8割減だという。このような人情ある温泉地、温泉宿にはもっともっと観光客に立ち寄ってもらいたいものだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  

この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2012/06/post-1656.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2012/06/post-1656.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2012/06/post-1656.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。