七尾市には伝統的に建具や木工品を製造する建具職人や大工さんが集積した地域がある

木工品の建具工場七尾市の建具工場を見学させてもらった。七尾市には伝統的に田鶴浜町や中島町に建具を作る職人さんが集積している。建具というと住宅部材で、玄関戸や室内のドア、障子や屋内造作、作り付けの家具など幅広い。建具職人さんの技術領域は家具職人や大工さんの領域にかなり近く、手先が器用でなんでもできる多能工である。工場内では丸鋸などを使い木材を丁寧に加工している職人さんの姿があった。

手先が器用な建具職人さんだが、建具の仕事は年々減少している。新設住宅棟数の減少もさることながら、ライフスタイルの洋風化で和室が無くなっていることや、住宅の工業製品化が進み建具も部品として住宅に組み込まれていることなど、住宅会社から建具屋さんへの発注が激減しているという。
中島建具センター
見学させてもらったのは中島町建具工業協同組合の中島建具センター。

手作りのテーブル
国産の木材で作られた手作りのテーブルが工場の2階に展示してあった。一台あたり50万円ほどしそうな価値あるテーブルだが、驚くほど安く受注製造してくれるという。ここでは値段は言えないが興味ある方は問い合わせて欲しい。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2012/07/post-1674.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2012/07/post-1674.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2012/07/post-1674.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。