夢一輪館は奥能登に蕎麦文化を花開かせた型破りの蕎麦屋だった

夢一輪館夢一輪館は奥能登の山中にある蕎麦屋である。能登空港からさら車で10分くらい珠洲方面に向かって走ると右手に「桜峠」という道の駅がにある。その桜峠を過ぎてすぐ左に看板があり、少し山手のほうに入って行ったところに夢一輪館がある。なんともわかりにくい場所で、ふらっと入る来店客は少なく、ほとんどが夢一輪館を目指してくる目的客ばかりだ。人がいないところに店を出すという型破りな展開だが、オープンして20年近く経過した今、認知度も上昇し人気店になった。夢一輪館は、1994年にオープンした蕎麦屋で、奥能登に蕎麦文化を花開かせた型破りの蕎麦屋だ。

夢一輪館の蕎麦
夢一輪館の蕎麦夢一輪館で蕎麦を食べたのは久しぶりだったが、相変わらずうまい蕎麦を出してくれる。
蕎麦は国産、今は戸隠の蕎麦を使っているという。二八蕎麦で細打ち、コシもあり香りもよく上質の蕎麦に仕上がっている。あごだしの特製だし汁が人気だが、遠田はベジタリアンなので「ダシ不要」というと、大根おろしと塩をつけてくれた。

なお、夢一輪館は蕎麦屋なので店内には蕎麦関連のメニューばかりだが、お持ち帰り商品が多数ある。蕎麦についていた、「畑のチーズ」は豆腐の燻製で、コクがあり濃厚なうまみが凝縮された逸品だったし、「しいたけのきんぴら」など独自の商品を多数開発しているところもユニークだ。

夢一輪館 夢一輪館(ゆめいちりんかん)
石川県鳳珠郡能登町字当目28-1
電話番号:0768-76-1552

また、店が山中にあり、携帯の電波はドコモはOKだったたが、ソフトバンクはNG。しかし、店内にフリーのwifiを飛ばしてくれているのがありがたい。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2012/09/post-1704.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2012/09/post-1704.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2012/09/post-1704.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。