ワイン醸造所でしか飲めない「ペルレ」は葡萄がワインに変わるまでの赤ちゃんワイン、能登ワインで飲むペルレはおいしかった

Perurenotowaine 能登ワインの工場とぶどう畑を見学した。ワイン工場では、ぶどうを作る工程を見学させていただいた。ワイン醸造所でしかのめない「ペルレ」も飲んだ。ペルレはシュワシュッと泡だっていて、甘い炭酸ぶどうジュースのようだが、アルコール分はしっかりのっている。初めて飲んだペルレは、微炭酸のぶどうジュースのような、甘いジューシーな低アルコールのワインだった。ブドウ畑を見学し、ペルレを飲み、ワイン工場を見学した。

能登ワインは小高い丘の上にある。

ペルレは醸造所の敷地内でしか飲むことができない希少性の高い飲み物で、この日は能登ワインのホールでペルレを飲んだ。
Notowaineperule 能登ワインの工場内にはオークのワイン樽もあった。
Notowine_taru
能登ワインの工場内にあるタンク。
Notowine_kojo

能登ワインの原料になっているぶどう畑も見学した。これの葡萄は赤ワインの原料になるヤマソービニオン。
Budouhatake03

ヤマソービニオンのぶどう畑。
Budouhatake02

ブドウ畑には、他のぶどうの品種もある。ピノ・ノワール、リースリング、ミュラー・トゥルガウ、シャルドネなどの多数の品種がある。
Budouhatake01

秋だというのに連日30度を超える日が続いているが、この日も暑い一日で、ぶどう畑は日射を遮るものがないので暑さもひとしおだ。

Budoubatakekengaku

能登ワインのぶどう畑とワイン工場を見学した後に、隣接施設の宿泊体験施設「四季の丘」でマダム櫻子のワイン教室(ワイン会)を開催した。

このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2012/09/post-8c89.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2012/09/post-8c89.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2012/09/post-8c89.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。