ワイン醸造所でしか飲めない「ペルレ」は葡萄がワインに変わるまでの赤ちゃんワイン、能登ワインで飲むペルレはおいしかった

Perurenotowaine 能登ワインの工場とぶどう畑を見学した。ワイン工場では、ぶどうを作る工程を見学させていただいた。ワイン醸造所でしかのめない「ペルレ」も飲んだ。ペルレはシュワシュッと泡だっていて、甘い炭酸ぶどうジュースのようだが、アルコール分はしっかりのっている。初めて飲んだペルレは、微炭酸のぶどうジュースのような、甘いジューシーな低アルコールのワインだった。ブドウ畑を見学し、ペルレを飲み、ワイン工場を見学した。

能登ワインは小高い丘の上にある。

ペルレは醸造所の敷地内でしか飲むことができない希少性の高い飲み物で、この日は能登ワインのホールでペルレを飲んだ。
Notowaineperule 能登ワインの工場内にはオークのワイン樽もあった。
Notowine_taru
能登ワインの工場内にあるタンク。
Notowine_kojo

能登ワインの原料になっているぶどう畑も見学した。これの葡萄は赤ワインの原料になるヤマソービニオン。
Budouhatake03

ヤマソービニオンのぶどう畑。
Budouhatake02

ブドウ畑には、他のぶどうの品種もある。ピノ・ノワール、リースリング、ミュラー・トゥルガウ、シャルドネなどの多数の品種がある。
Budouhatake01

秋だというのに連日30度を超える日が続いているが、この日も暑い一日で、ぶどう畑は日射を遮るものがないので暑さもひとしおだ。

Budoubatakekengaku

能登ワインのぶどう畑とワイン工場を見学した後に、隣接施設の宿泊体験施設「四季の丘」でマダム櫻子のワイン教室(ワイン会)を開催した。

この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業である株式会社ドモドモコーポレーションの代表取締役。石川県金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントである。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開している。商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしている。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介している。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2012/09/post-8c89.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2012/09/post-8c89.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2012/09/post-8c89.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。