ヴァシュラン・モンドールチーズはフランスジェラ山脈のモンドール渓谷で造られたウォッシュタイプのチーズ

ヴァシュラン・モンドールチーズ ヴァシュラン・モンドールチーズは普通のチーズと違いウォッシュタイプのチーズである。ウォッシュタイプとは、牛のミルクのチーズを、ワインやブランデーで何度もふいては、熟成させたもので、チーズの外側は硬くなっているが中身は柔らかくトロトロになっている。チーズのフチの黒いところは、モミの木の皮。濃厚なフルボディの赤ワインによくあうヴァシュラン・モンドールチーズだが、通年商品ではなく、冬季限定でこの時期にした食べられない高級チーズである。

ヴァシュラン・モンドールチーズの中身はトロトロ
ヴァシュラン・モンドールチーズの中身はトロトロになっている。昨年のモンドールチーズに比べると臭みが穏やかで味わいもフレッシュ、ずいぶん食べやすくなったような気がする。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2012/12/post-1761.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2012/12/post-1761.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2012/12/post-1761.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。