石川県のコンサルタント仲間との恒例の忘年会は毎年新たな刺激をいただく学習の場でもある(今年はひがし茶屋街で)

東山みずほでごはん石川県のコンサルタント仲間との恒例の忘年会、今年の会場は「東山みずほ」。おいしく楽しく過ごさせてもらった。東山みずほは、ひがし茶屋街という風情ある立地で雰囲気がいい。そして料理がおいしいだけでなく、金沢らしいおもてなしの接客サービスでお客様を喜ばせるプロである。本当にすばらしい飲食店だと思う。懇親会の締めには、釜で炊きあげるお米は「稲架干しコシヒカリ」「ひとめぼれ」「夢ごこち」の3種をリクエスト、おいしくごはんもいただいた。ごちそうさま。

一次会は「東山みずほ」

東山みずほ玄関 さて、この場は毎年新たな刺激をいただく学習の場でもある。昨年も皆の発表にはニュースがあった。今年も参集した6名がそれぞれに今年の活動を総括した発表とその内容に対する意見交換でもりあがった。新しいビジネス、新しい事務所、新しい契約など新たな動きを多数うかがっておおいに刺激を受けた。
一方、自分はというとマンネリ気味な活動におおいに反省である。気づきを与えてくれる仲間たちの存在に感謝である。ありがとう。

東山みずほで懇親会

二次会は「蕎麦都古路 BUEMON/OTOYU」

二次会は、「蕎麦都古路 BUEMON/OTOYU」という2012年オープンの店に入った。古民家らしく雰囲気のよいJAZZBARである。それだけで風情がある。
まきストーブの炎がゆらゆら揺れる
店内には薪ストーブがあり、大空間をぽかぽかと暖めてくれる。冬の夜、まきストーブの炎がゆらゆら揺れるのを見るだけでほっこりとする。
カウンター
カウンターは広くて大きい。カウンターの上にはオーダーしたバーボンやスコッチが並び、カウンターの向こうにはマッキントッシュの真空管アンプとJBLの大型スピーカーがあり、JAZZが鳴っている。
手打ち蕎麦があるBAR

手打ち蕎麦があるBARであることが最大の特徴である。JAZZBARでありながら、手打ち蕎麦を店で打っているという変わったBARだ。JAZZ好き、蕎麦好きにはたまらない。蕎麦を注文すると蕎麦湯が出てくるが、このどろっとした蕎麦湯とストレートで注文したジャックダニエルを自分でブレンドして蕎麦湯割にして飲むと、なんともうまいバーボンの蕎麦湯割りになった。

まさしく「sobar」である。

蕎麦都古路 BUEMON/OTOYU
金沢市東山1-15-5
BUEMON 11:00~15:30(昼の部)
OTOYU 17:30~23:00(夜の部)
金沢・ひがし茶屋街 観光ガイドというフェイスブックページでも紹介させてもらった。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  

この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2012/12/post-1776.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2012/12/post-1776.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2012/12/post-1776.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。