蕎麦屋で多い藪蕎麦の名称の由来は江戸時代に遡る、池の端藪蕎麦は上野不忍池近くに昭和29年に暖簾分けで開店

池の端藪蕎麦藪蕎麦という蕎麦屋が多いのは理由がある。実は、江戸時代からあった「藪蕎麦」という名称は、客が勝手につけた屋号だ。蕎麦屋の庭に竹やぶがあったことから「藪」という愛称で呼ばれていた。その「藪」の暖簾わけで藪蕎麦が増えた。明治13年に神田連雀町の七兵衛の「かんだやぶそば」に預けられ、更に大正2年に浅草並木町の「並木藪蕎麦」に分けられ、昭和29年には「池の端藪蕎麦」に暖簾分けされた。
今、上野不忍池近くにある池の端藪蕎麦は二代目が経営しているようだ。

▼池の端藪蕎麦 ざる蕎麦
池の端藪蕎麦 ざる蕎麦
ねぎとわさびが別皿でついてくる。蕎麦は細麺でコシが有る十割蕎麦。シンプルなざるそばは600円

▼池の端藪蕎麦 かけ蕎麦
池の端藪蕎麦 かけ蕎麦
かけそばにはねぎとわさびが別皿でついてくるので好みで入れる。600円

▼池の端藪蕎麦の地図
池の端藪蕎麦地図
池の端藪蕎麦箸袋ビールを頼むとそば味噌が少量ついてきたのがうれしい。
池の端藪蕎麦
http://www.yabu-soba.com/

〒113-0034 東京都文京区湯島3丁目44番7号
電  話 03(3831)8977
■営業時間
・午前11時30分~午後2時
・午後4時30分~午後8時
■定休日:水曜日

なお東京の藪そばで行ったことがあるのは以下のとおり

上野藪そば

並木藪蕎麦

池の端藪蕎麦

神田やぶそばにも行きたい。
▼2014年12月22日追記
かんだやぶそばでせいろうを食べた

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  

この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2013/01/29.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2013/01/29.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2013/01/29.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。