ネットショップコンテスト北陸2013のグランプリ発表は3月8日に石川県地場産業振興センターで

ネットショップコンテスト北陸2013の発表は3月8日ネットショップコンテスト北陸2013の発表が迫ってきた。3月8日(金)13:30からのモチベーションアップセミナの場で発表と表彰式がある。現在、全国でもネットショップを表彰するコンテストは少なくなっており、この北陸ネットショップコンテストは全国からも注目を浴びている。
グランプリは2年連続で福井県のWEBサイトが受賞している。一昨年は、アンティーク家具販売のハンドル(水野商品館)さん、昨年は、パワーストーン印鑑販売のローズストーン(小林大伸堂)さん、さて今年はどこが受賞するか、とても楽しみである。

ネットショップコンテストでは、北陸三県(福井県、石川県、富山県)の多数のWEBサイトが応募しており、上位入賞のサイトには独自性と魅力が感じられる。このような機会に他社のWEBサイトの成功要因を客観的に分析し、気づきを得ることで自社サイトに応用するのは非常に有効である。

ネットショップを運営していなくても、ネットを活用している方は無料セミナの受講をおすすめする。

以下、ISICOのWEBサイト(src="https://www.isico.or.jp/dgnet/eventseminar/29305 など)より引用
ネットショップコンテスト北陸2013の発表は3月8日

【ネットショップコンテスト北陸2013表彰式&モチベーションアップセミナ】

<開催概要>

  日 時: 2013年 3月 8日(金)13:30~17:00

  場 所: 石川県地場産業振興センター 新館1階 コンベンションホール

        (石川県金沢市鞍月2丁目20番地 地図参照)

  定 員: 150名
  参 加: 無 料

  主 催: (財)石川県産業創出支援機構

  共 催: (財)富山県新世紀産業機構(公財)ふくい産業支援センター

  
   大きな地図で見る

 

<イベント内容>

●「ネットショップコンテスト北陸2013」結果発表・表彰式
応募サイト192件の頂点はどこに?コンテストの結果発表と表彰式、講評を行います。
 >>「ネットショップコンテスト北陸2013」公募概要はこちら
 >>応募サイト192件のご紹介(特設サイト)はこちら
 
●講評「受賞サイト事例 徹底研究」

講評では、グランプリ受賞サイトはもちろん、審査の中でキラリと光ったサイトを紹介します。
自社のサイト運営にすぐに活かせる、参考になるノウハウや気づきが満載です。

<賞(予定)>
 グランプリ/準グランプリ/審査員奨励賞/ファイナリスト賞

<パネラー>
2次審査員 全国規模で活動している北陸外有識者(繁盛店)

 ・(東京都)一般財団法人日本電子商取引事業振興財団 代表理事 曽根原 千秀 氏

 ・(大阪府)一般社団法人イーコマース事業協会 会長 津田 昌宏 氏

 ・(和歌山県)株式会社BUNZA 代表取締役 上野 真歳 氏

 ・(高知県)株式会社山岸竹材店 代表取締役 山岸 義浩 氏

 ・(静岡県)株式会社 栗原商店 代表取締役 栗原 康浩 氏

 ・(滋賀県)株式会社サカエヤ 代表取締役 新保 吉伸 氏

 

<ナビゲーター/コーディネーター>
  (石川県)九谷物産(株) 代表取締役 西田 上 氏

 

 

●モチベーションアップセミナ 

「これからのインターネット販売に必要なこと 2013」
地方の魅力を発信する4名の繁盛店店主がお話しするパネルディスカッション。
 
<ナビゲーター/コーディネーター>
 和座本舗 九谷物産(株) 代表取締役 西田 上 氏 

 プロフィールはこちら

 
<4名の繁盛店店主>

 

紀伊国屋文左衛門本舗 店長 上野真歳氏紀伊国屋文左衛門本舗(和歌山県)
株式会社 BUNZA 代表取締役社長
上野 真歳(うえの まさとし)氏

 
●関連サイト
http://www.rakuten.co.jp/bunza/
 
●プロフィール
インターネットでみかんを日本一売る男。
1970年和歌山県有田郡生まれ・株式会社とち亀物産代表取締役
先代から受け継いだ「地方食品卸」の将来に不安を感じ、素人同然のPCスキルで楽天市場に出店。
お客様からの一日数百通のメール対応で、顧客動向を掴むと同時に顧客満足度の向上を図り、今ではインターネット経由で、最大月間出荷数25,000件超、月間最大売上げ1億円超。年商5.7億円
 
平成の紀伊国屋文左衛門と取り上げられる事が多い。
 
著書:『地方発信型ビジネスモデルの作り方』(明日香出版社)
 
TV出演
満天☆青空レストラン(日テレ系)
有田とマツコと男と女スペシャル(TBS系)
たけしのニッポンのミカタ(テレ東系)

<平成20年3月開催 ISICO「モチベーションアップセミナ」基調講演講師>

 

 

虎斑竹専門店 竹虎 店長 山岸義浩氏虎斑竹専門店 竹虎(高知県)
株式会社 山岸竹材店 代表取締役社長
全日本竹産業連合会理事
高知e商人養成塾会長
山岸 義浩(やまぎし よしひろ)氏

 
●関連サイト
http://www.taketora.co.jp/
 

●プロフィール
創業明治27年(1894年)から続く老舗竹屋の四代目。 イギリスBBC放送が海外から取材にくるような日本唯一の虎斑竹(とらふだけ)を販売したいと1997年にサイト構築するも大失敗。2000年恩師イージー岸本栄司氏に出会いゼロからスタート。虎竹という地域資源のブランド力を再発見。竹林での伐採から製造、商品開発、販売までインターネットを活用して「豊かな竹のある暮らし」を全国に情報発信する。 

【講演・メディア掲載】
ネットビジネス講演全国各地100回
雑誌・新聞・テレビ・ラジオ等メディア掲載273回
ユニクロ×竹虎コラボTシャツ

【受賞履歴】
2010年OSMC最優秀実践者賞
イーコマース事業協会エビス大賞2009大賞
ベストECショップ大賞2007準大賞 他多数
 
<平成22年3月開催 「ネットショップコンテスト石川2009」基調講演講師>

 

 

ところてんの伊豆河童 店長 栗原康浩氏ところてんの伊豆河童(静岡県)
株式会社 栗原商店 代表取締役
栗原 康浩(くりはら やすひろ)氏

 
●関連サイト
http://www.tokoroten.co.jp/
http://www.rakuten.co.jp/i-kappa/
 

●プロフィール
静岡県東部伊豆半島北部富士山の麓で生まれ育ちました。
大学で東京にでて、その後サラリーマンを4年間経た後、実家に戻り、ところてんこんにゃくの製造卸を手伝いはじめました。バブルもはじけて、苦しい時にインターネットが普及し始め2000年に楽天市場出店を始めました。その後本店立ち上げ、ヤフーなどに出店。現在はその他にぐるなび、Amazon、を運営しております。

【受賞履歴】
本店は、14回日本オンラインショップ大賞特別賞受賞
楽天店は、グルメ大賞2度受賞、その他数回月間、週間MVP受賞

 
<平成23年3月開催 「ネットショップコンテスト北陸2011」基調講演講師>

 

 

近江牛ドットコム 店長 新保吉伸氏近江牛ドットコム(滋賀県)
株式会社サカエヤ 代表取締役
新保 吉伸(にいほ よしのぶ)氏

 
●関連サイト
http://www.omi-gyu.com/
http://www.omigyu.co.jp/
 
●プロフィール
近江牛専門店として1983年に設立、2001年のBSE問題でトレーサビリティシステムを構築し2005年に関西IT活用企業百撰において優秀賞を受賞。
牛肉の安全性を訴え、消費者が安心して購入できるよう、システム、実践活動にも力を入れる。
2006 年には経済産業省推進事業IT経営百選において最優秀企業に認定され、ICTと社会をテーマに大阪大学で非常勤講師を務めるなどネット通販や食に関するセミナ講師を多く務める。
2010年、環境保全型畜産における生産農家との取り組みは農水省のフード・アクション・ニッポンアワード2010においてプロダクト部門優秀賞を受賞。
 

<平成24年3月開催 「ネットショップコンテスト北陸2012」基調講演講師>

○セミナ後、会場で交流会(名刺交換会)を行います。

★和座本舗の西田氏により、別会場で懇親会が企画されています。

 【 参加申込は締め切りました 】

  場所:金沢市中心部
  日時:3月8日(金) 19時前後~2時間程度
  費用:5,500円
   *会費は当日表彰式&セミナの会場受付でお預かりします。
   *参加のキャンセルは前日の午前までにISICO事務局(電話:076-267-1001)へ連絡ください。

    懇親会当日のキャンセルはご遠慮ください。(後日会費をご請求いたします)
  募集締切: 2月25日(月)

 

◎申込方法

専用応募フォームでお申し込みください。

◎主催:(財)石川県産業創出支援機構

  共催:(財)富山県新世紀産業機構,(公財)ふくい産業支援センター

 

↓↓↓ 参加申込みはこちらから!↓↓↓ コンテスト北陸2013表彰式&セミナ 応募フォームへ

 

このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2013/02/201338.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2013/02/201338.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2013/02/201338.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。