幻のOffice2013アイコン、インストールエラーが続きOffice2013を使うことをあきらめた

Office2013icon2月7日にOffice2013が発売された。Office2010からのアップグレードを試したが、うまくいかず延々とエラーが続いていた。マイクロソフト社のヘルプでの情報をたよりに幾度と無くOffice2013の再インストールを試したが何度やってもエラーになる。
左の画像のようにOffice2013のアイコンは表示される。しかし、クリックしても立ち上がらないのである。たいへんに残念だが、Office2013を使うことを諦めた。

▼この件に関するマイクロソフト社のヘルプへの最後の投稿

丁寧なアドバイスありがとうございます。

しかし、うまくいきませんでした。

念のため、インストールしてあったoffice製品はすべて削除(アンインストール)しました。

→office2000のエクセル・ワード、パワーポイント2007、office2010をすべて削除

そのうえで、

Fix it を実施→クリーンブートを実施→「Office2013インストール」→同様のエラーで中断

そこで、

あらたにユーザーアカウントを作成しましが、

Fix it を実施→クリーンブートを実施→「Office2013インストール」→同様のエラーで中断

と同じ状況でエラーになります。

また、あらたなユーザーで、プロダクトキーの入力からやり直したところ

「入力した Office プロダクト キーは、Microsoft Office のキャンペーンで既に使用されています。」

という表示がでました。

ということは、すでにダウンロードした

「Setup.X86.ja-JP_HomeBusinessRetail_***(中略)**.exe」

で実行するしかないわけですね。

こうなるともう手がないですかね。

ワードがないとレポートを書けないので、あきらめてffice2010を入れなおしました。

というわけで、Office2013のアイコンはこのパソコンでは表示されない。

最後のオフィス製品は「Office2013」

実はこの「Office2013」という製品には別の視点から興味を持っていた。それは最後のオフィス製品になるのではないかと思ったからである。

パソコンソフトとしてもっとも成功したのがマイクロソフト社の「オフィス製品」だと思っている。オフィス製品の代表であるワードやエクセルは、長期間使われ続けているロングセラー商品であり、遠田もウィンドウズ3.1時代から使っているので愛着もある。

そのオフィス製品の繁栄はパソコンの繁栄とともにあったといっていいだろう。昭和末期から平成にかけて、オフコンの時代からパソコンの時代に切り替わった。オフコンからパソコンへと主役転換。その大きな転換を起こした原動力になったのが、マイクロソフト社のOS(MSDOSやウィンドウズ)であり、オフィス製品であった。

しかし、パソコンの時代は終わろうとしている。

昨年(2012年)、パソコンの出荷台数よりもスマートフォンやタブレットのほうが出荷台数が多かった。もはや、主役はパソコンでなくスマートフォンやタブレットである。
タブレットなどにはオフィス製品は不要であろう。インターネット利用を前提としているタブレット類では、クラウドで処理するのが一般的になっている。クラウドであればWEBサーバ側でプログラムが動きデータ処理をする。クラウド側に処理するプロセスがあれば、タブレット側にオフィス製品がなくとも、エクセルやワードの書類を開くことができるし、編集も可能である。
このような状況になってしまった以上、これまでのようなオフィス製品は買われなくなっていくだろう。

タブレット用にマイクロソフトがオフィス製品のアプリを出すことがあるか?
そのようなことがあったとしても、それはこれまでのオフィス製品とはまったく異質なものであろう。
パソコン用ソフトとして発売された「Office2013」は最後のオフィス製品である、そう考えたのにはこのような理由がある。

自分にとっては幻の「Office2013」アイコンであり、最後のオフィス製品は「Office2010」になりそうである。

【追記】
Windows8.1マシンでは使えるようになった→https://dm2.co.jp/2015/02/office2013.html


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2013/02/office2013offic.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2013/02/office2013offic.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2013/02/office2013offic.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。