冬の北陸で最低気温は2月1日あたりがもっとも低いそうだ

冬の北陸で最低気温は2月1日あたりがもっとも低い 冬の北陸で最低気温がもっとも低いのは2月1日あたりだと聞いたことがある。この日は放射冷却現象となったのか、マイナス4度くらいまで冷え込み、車のフロントガラスもガチガチに凍りついていた。しかし、太陽のチカラで東向きにおいてあったフロントガラスは溶け始めていた。日中はおだやかに晴れて、青空が広がり、小春日和の一日だった。

冬の北陸で最低気温は2月1日あたりがもっとも低い


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2013/02/post-1796.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2013/02/post-1796.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2013/02/post-1796.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。