金沢駅内の商業施設(ショップ)は2年後の新幹線開通の準備のため改装、北陸新幹線はカウントダウンに入った

「風土金澤」という農家が運営するみやげものショップpJR金沢駅では改装工事が進んでいる。2014年度末(2015年3月)に北陸新幹線が開業し、金沢駅には多数の来場者が見込まれているからだ。北陸新幹線は敦賀までの工事が決まっているが、当面は金沢が終着駅のイメージになる。東京金沢間が北陸新幹線だと二時間半。途中の長野・軽井沢もぐっと近くなる。新幹線効果で商圏も変わる。金沢駅内の商業施設は新幹線対策の耐震工事や集客増加を見込んだショップの改装などリニューアルが続いている。

金沢駅内の商業施設である百番街も改装工事が続いている。

「金沢百番街」は土産店エリアと飲食店エリアを半年間かけて全面改装しているところである。 改装の対象となるのは、在来線の高架下にある「おみやげ館」と、北陸新幹線のホームの高架下になる「あじわい館」と「ふれあい館」の一部。合計100店舗前後を繁忙期を避けて、それぞれ一時的に閉めてリニューアル工事を行なっている。

耐震補強工事も並行して実施し新幹線開業前に完成させる予定。 これまで、金沢百番街は年間900万人が利用しているといわれており、新幹線開業時にはさらに集客効果をアップさせる狙いだろう。

いよいよ北陸新幹線開業のカウントダウンに入った。あと2年もあるのか、あと2年しかないのか。これからの金沢駅周辺の商業施設にも目が離せない。
加賀野菜の五郎島金時のスイーツなどが販売されている

写真は、金沢百番街の中にある「風土金澤」という農家が運営するみやげものショップ。加賀野菜の五郎島金時のスイーツなどが販売されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  

この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2013/03/post-1826.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2013/03/post-1826.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2013/03/post-1826.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。