外国からくる迷惑メールなどを効率よくカットするためにスパムアサシンの「.blockaddr」を編集

Spam_mailスパムメールは次から次へと送られてくる。効率よくカットしないと業務に支障がでる。メールサーバにさくらインターネットを使っているなら、迷惑メール処理にはSpamAssassin(スパムアサシン)というソフトが使われている。この迷惑メールの受信拒否リストは「.blockaddr」というファイルで設定できるのでこのファイルを直接編集した。今回は前回の過剰判定にてよるエラーが起きないように正規化を意識し設定したところうまく迷惑メールをカットしてくれている。

設定しているFTPとエディタの画面は以下のとおり。
Mail_blockaddr
ここでポイントとなるのが、送信元ドメインの末尾が「.info」「.mobi」「.cn」「.br」などのメールを削除する場合「\.info」「\.mobi」「\.cn」「\.br」などのように「\」を頭につけることだ。この設定で、「***.info」「***.mobi」「***.cn」「***.br」などになっている送信元メールは直接メールサーバのゴミ箱に入るようになった。

前回の設定では「\」をつけなかったため過剰判定となり、末尾以外でも該当文字を含むメールがゴミ箱行きとなってしまった。 ネットなどで改善策の情報を多数いただき、今回の設定に変更した。昨年からこの設定で運営しているが、今のところ大きな問題なく動作している。

設定の課題は「***.info」「***.mobi」「***.cn」「***.br」など末尾の「国別コードトップレベルドメイン名」をどこまで削除設定にするか、である。

外国ドメインをすべてゴミ箱行きにしてしまうのは危険である。とくに、外国の方とのやりとりが発生する方にはおすすめできない。

しかし、遠田は基本的に国内の人からのメールで足りるので、この設定で十分である。今のところ以下の送信元ドメインを直接ゴミ箱行きにしている。

\.info
\.mobi
\.asia
\.cn
\.be
\.bw
\.br
\.cz
\.de
\.dk
\.eu
\.fr
\.hk
\.it
\.kr
\.nl
\.ro
\.ru
\.se
\.uk
\.us

日本で通常よく使われている「.com」や「.jp」は絶対に設定しないように。また「.net」「.org」「.biz」も一斉に削除というわけにはいかないので、この設定には入れないほうがいいだろう。

逆にいうと、上記の一覧に出るような国別コードトップレベルドメイン名はメール送信のアドレスには使わないほうがいいだろう。相手の迷惑メールフィルタで削除されて届かない可能性が高くなるからだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  

この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2013/05/blockaddr.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2013/05/blockaddr.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2013/05/blockaddr.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。