蕎麦は嗜好品だから人それぞれの好みがある、蕎麦湯を楽しませてくれる蕎麦屋には何度も行くことが多い

蕎麦湯 蕎麦には人をひきつける魅力がある。蕎麦は嗜好品だから好みも人それぞれ。時々無性に蕎麦を食べたくなる禁断症状がでるのは蕎麦独特の味わいと香りのなせる技だろう。今日は、今浜IC近くのあい物で高遠おろし蕎麦を食べた。相変わらず繁盛している蕎麦屋でピーク時間をとうに過ぎている午後1時半でも満席。相席でもいいということで、初めて奥座敷に入った。4畳半ほどの部屋にテーブルが2つある和室で、蕎麦を食べた、蕎麦を食べ終わると、あいなく出される蕎麦湯。障子戸の影が映りこんでいてこれまた風情があるものだ。

蕎麦好きには蕎麦湯が大きな楽しみである。
蕎麦湯

高遠おろし蕎麦 この蕎麦は「高遠おろし蕎麦」。高遠おろし蕎麦は、大根おろし汁で食べる冷たい蕎麦。好みでダシ汁と割るのだが、遠田はダシを使わない。まずは、蕎麦だけで楽しみ、その後に大根おろし汁で食べる。大盛りで頼むと大盛りの分は追加皿で来るので、その分は少し醤油を使ったりして味の変化を楽しみながらいただくのがよい。

そして、最後の蕎麦湯がなんとも至福のひとときである。濃い目の蕎麦湯が好きで、どろっとしたフルボディの蕎麦湯を好む。あい物の蕎麦湯は濃い目ではあるが、どろっととまではいかないミディアムぐらいの蕎麦湯である。バランス的にはこれがちょうどいい。ダシを入れず蕎麦湯だけで十分に楽しめるよい蕎麦湯である。自宅でも蕎麦湯を作ることがあるがなかなかうまい蕎麦湯は作れない。やはり繁盛している蕎麦屋の釜のなせる技か、繁盛店の蕎麦屋の蕎麦湯はうまい。

おいしいお蕎麦と蕎麦湯をごちそうさま。

あい物の蕎麦

あい物の外観手打ちそば あい物
石川県羽咋郡宝達志水町今浜北15番地
電話0767-28-3653

あい物の場所は無料化された「のと里山海道」の今浜インターチェンジのすぐ近く。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2013/05/post-1870.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2013/05/post-1870.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2013/05/post-1870.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。