天狗舞がその年に一番自信ある酒は名杜氏の中三郎氏の名前がつけられるという

Nakasaburo 天狗舞はその年の一番できのいい酒を杜氏である「中三郎」の名でごく少数出荷する。市場に出回る量が少ないため、なかなか入手するのが難しい地酒である。その「中三郎」を飲める料理屋が酒蔵の地元白山市の松任駅近くにある「旬味にしで」。甘い吟醸香、芳醇な旨味とたっぷりな酸味、それでいてすぅっと引いて後味がすっきりなのが「中三郎」。コクがあるのにキレがいいというのはまさにこのような酒質なのだろう。旨い酒をありがとう。

旬味にしで旬味 にしでのオープン時は駐車場が狭かったが、当時に比べると店舗の前の駐車場が広くなり整備されて留めやすくなったのはうれしい。

懐石・会席料理、割烹・小料理
旬味 にしで
http://shunminishide.com/
石川県白山市末広1丁目154番地1(博労町の松任税務署のすぐ近く)
TEL 076-274-5425

フェイスブックスポット
http://www.facebook.com/pages/旬味にしで/270978582953911

食べログ
http://r.tabelog.com/ishikawa/A1702/A170203/17007367/


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2013/05/post-1871.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2013/05/post-1871.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2013/05/post-1871.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。