ボタンをひとつ押すだけでモバイルwifiルータに早変わりする電話機「Portus」に機種変更した

wifiルータ機能付きの電話機「Portus」ウィルコムのPHSを長年使っている。これまでW-zero3の後継機「Libero SoftBank 003Z」やwifiルータなど合計4つの電話番号を契約し持っている。これを見直し、1つだけ残すことにした。すでに2年以上使っている電話機をwifiルータ機能付きのものに機種変更し、他のものは解約した。これでウィルコムの契約は1つだけになった。
新たに手に入れたのはwifiルータ機能付きの電話機「Portus」だ。「Portus」は070から始まるPHS電話機だが、080から始まる3Gデータ通信用の番号も持っており、ボタンひとつでモバイルwifiルータになるハイブリッド端末である。

Wifiボタン付き
「Portus」は前面に「wifi」のボタンがあり、このボタンを押すだけでwifiルータになる。また横のスライドスイッチもwifiルータボタンに対応していて、上へ1秒長押しすると「wifiルータ化」するという設定にできる。この設定は2秒に変更することも可能だ。

「Portus」は当面、電話機を主体として使い、モバイルwifiは電池が10時間持つという楽天スーパーwifiを使っている。「Portus」はもしものときのwifi接続として使うことができるので安心である。wifiルータを2台持ち歩いていることになるが、総重量はこれまでとそう変わらない。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2013/06/wifiportus.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2013/06/wifiportus.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2013/06/wifiportus.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。