真夏の果実は桃、やわらかくジューシーで甘い果物が好まれスイーツとしても人気になる

まるごと桃のスイーツ かつて夏を代表する果物といえばスイカが定番だった。しかし数年前から家計調査(総務省)の7月購入額一位は桃が不動で、もっとも人気が高いという。今や真夏の果実といえば桃なのだ。ちなみに7月購入額の2位以下には、スイカ、メロン、ブドウなど夏の定番果物が並んでいる。
桃が人気になっているのは、気候やライフスタイルの変化が影響しているといわれている。とくに「やわらかい」ものに人の嗜好が移っており、これは高齢者が歯が弱くなったからということだけではなくむしろ若者のやわらかいもの好きが顕著だという。全年齢層でやわらかく甘い果実が好まれているようだ。

真夏の果実は桃
まるごと桃のスイーツがあった。
リンデンバウム魚津店の夏月という商品で、まるごと1個の桃を使い、タネの部分をくりぬきカスタードクリームをたっぷりと詰め、タルトの上に乗っかっている。この1個で充実感たっぷり。しっかりと真夏の果実を味わった。ごちそうさま。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2013/07/post-1899.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2013/07/post-1899.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2013/07/post-1899.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。