おにぎりと言わずおむすびという理由は、おむすびが「産巣(むすひ)」という意味を持つからだという

玄米ご飯でおむすび 玄米ご飯のおむすびを食べた。少量でもよく噛んで食べるとおなかがいっぱいになるし、じわーっと後から体が暖かくなっていく。
さて、「おむすび」というか「おにぎり」というか?
ごはんを手で握って丸めるから「おにぎり」というのは意味がわかりやすい。圧倒的に「おにぎり」という言葉を使う人が多い所以だろう。しかし、ある僧侶からは「おむすび」という言い方のほうがいいと言われた。おむすびの「むすひ」には産巣(むすひ)という意味がこめられているからだという。

むすひのことを書いてあった書籍。
産巣(むすひ)

おむすぶには「結ぶ」という意味だと聞いたことは多かったが、産巣(むすひ)という言葉は初めて知った言葉である。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2013/07/post-1904.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2013/07/post-1904.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2013/07/post-1904.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。