能登半島に3つめのワイン醸造所ができた、奥能登のハイディワイナリーは来月からワイン醸造を開始する

ハイディワイナリー 能登半島にはワイナリー(ワイン醸造所)が3つある。1つは石川県穴水町の能登ワイン。2つめは富山県氷見市のセイズファーム。(氷見市は富山県だが地形的には能登半島と見ることもできる) そして3つめのワイナリーが来月(2013年9月)から醸造を開始する。その醸造所は輪島市門前町にあるハイディワイナリーである。葡萄の栽培からワイン醸造までを一貫して行なう。栽培する葡萄の品種は、ソーヴィニョンブラン、シャルドネ、セミヨン、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルローと多彩だ。「農業は人を優しくさせ、ワイナリーは人を元気にする」という思いで、着々と準備を進めているようだ。

そのハイディワイナリーでは、「ブドウの樹会員」を募集している。一口2万円で、来年から7年にわたりワインをプレゼントされるという特典がある。ワインは現地受け取りが前提で、送料は自己負担となるが、3口申し込むと送料無料になる。

▼会員募集チラシ
ハイディワイナリー会員募集

ささやかであるが、応援する気持ちで若干の口数で会員申し込みをした。

ワインの醸造所には、すでにフランスのブルゴーニュから取り寄せたという醸造機器が設置されている。アンティークな古樽なども使うようで楽しみだ。能登半島のテロワールを活かしたワイン造りを期待したい。

この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業である株式会社ドモドモコーポレーションの代表取締役。石川県金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントである。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開している。商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしている。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介している。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2013/08/post-1919.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2013/08/post-1919.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2013/08/post-1919.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。