JRサンダーバード車内の電源は1車両に8箇所ある、電源コンセントは新型車両の場合で最前列と最後列だけに

JRサンダーバード車内の電源JRで北陸と関西をつなぐ特急列車はサンダーバードだ。金沢・京都間は約2時間。指定席を取るか自由席で行くかは微妙な時間である。遠田は基本的にサンダーバードなら指定席を取ることにしている。その理由は、サンダーバードには特定の席にだけパソコン用のAC100V電源が用意されているからである。電源が用意されているのは車両の最前列と最後列だけなので、1車両の中に8箇所だけ。席の列番号だと1列目か16列目だけである。窓側でも通路側でもあるので、1A、1B、1C、1Dと16A、16B、16C、16Dの8席が電源のある席である。
なお、自由席でも電源はあるが、人気の席なのでなかなか座れない。だからこの電源席確保を確実にするために指定席を取るのである。

JRサンダーバード車内の電源

この電源はAC100Vで1.5AまでOKとなっているので、普通のパソコンならOK。携帯電話やスマートフォン、デジカメなどの小型デバイスもACアダブタさえあれば使える。ただし、すべてのサンダーバードにコンセントがあるわけでなく新型(型式 683系4000番台)だけにコンセントがあるとのことだ。現在、サンダーバードは、大阪と北陸を結ぶ主要な特急で、大きく分けて富山発着と金沢発着の二種類がある。富山発着の場合はほぼ新型(型式 683系4000番台)なので電源コンセントがある。

【その後追記】
2015年3月に北陸新幹線が開業してから、サンダーバードは金沢発着のみとなった。(富山から金沢の移動は普通列車か北陸新幹線を利用し、金沢駅で乗り換えとなる)

なお、北陸新幹線は全席に電源がある。

▼サンダーバードの電源席(以下の図だと電源席は1A、1B、1C、1D、16A、16B、16C、16Dになる)

サンダーバード電源席

また車両内の座席番号では最後尾列が16列目のときと14列目のときがある。JRみどりの窓口のオペレータに「電源のある席」をお願いしたら14列目のチケットだったことことがあったが、実際の最後尾は16列目だった。このときは、16列目が開いていたので車掌さんにおねがいして16列目に席を移動させてもらったことがある。間違えやすいところなので注意が必要だ。

サンダーバードの電源席を確保したい場合はJRおでかけネットのe5489で席を指定するのがよい。

サンダーバード座席

いずれすべての車両につくだろうし、さらにAC100Vでなく直流5VのUSB電源に変わる日が来るかもしれない。

ちなみに、京都の地下鉄駅には無料のwifiが飛んでいた。「どなたでも3時間まで無料でwifiが使えます。」というのは観光都市京都らしいおもてなしだなぁと感心した。

京都wifi


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2013/12/jracdengen.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2013/12/jracdengen.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2013/12/jracdengen.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。