MovableType6でバックアップをとるときは保存したいフォルダ/tmpを作成しFTPソフトで777に属性変更しておく

FTPソフトで777に属性変更MovableTypeのバックアップは便利な機能である。簡単にブログシステムのデータをまとめてバックアップできるし、そのファイルを自分のパソコンに残しておけば「復元」でもとに戻すことができる。MovableTypeやWordPressなどのCMSはWEBサーバ上にしか更新データが残らないので、年に数回くらいはバックアップしておくとよい。
しかし、MovableType6では事前に設定しておかないとバックアップファイルがWebサーバ上にファイルとして残らないようだ。初期設定では「/tmp」が保存フォルダになっているようだが、レンタルサーバの仕様によってはMovableTypeのシステムフォルダ直下の「/tmp」にバックアップデータが保存されない。そこで、うまく保存できるように仕様を変更してみた。

MovableTypeのバックアップ

MovableTypeのバックアップ開始

手順は
1.システム画面でツールのバックアップをクリックする。
2.バックアップを作成をクリックする。

これでバックアップが開始する。

画面上で表示されたバックアップのファイルをひとつづつダウンロードすればバックアップはそれで終了である。特に重要なのは「Movable_Type~Backup-1.xml」というXMLファイルであり、テキストデータベースの分だけならこのファイルだけをダウンロードしておけばOKである。

ただし、このバックアップ機能は便利で、アップした画像なども一式まるごとひとつのフォルダに作成してくれる。だから、バックアップしたフォルダごとFTPソフトでダウンロードしておけばもっと安心だ。

初期設定のままなら、バックアップしたファイルは「/tmp」に保存されることになっている。
しかし、共有サーバなどではこの初期設定のままではうまくいかないことがある。実際にさくらインターネットではうまく保存できなかった。

調べてみると同様の問題を起こしている人が多数いるようだ。

▼バックアップの保存先「/tmp」とはどこですか
http://www.movabletype.jp/faq/tmp.html

▼バックアップの保存先を変更したい
http://www.movabletype.jp/faq/post-21.html

そこで、共有サーバでもバックアップフォルダにちゃんとバックアップできるように設定を行なった。

MovableTypeのバックアップをサーバ上のフォルダに記録する方法

まず、サーバ上で保存するフォルダを作成する。
ここではMovableTypeのシステムが入っている「mt6」というフォルダ直下の「/tmp」とした。
ここで作成した「tmp」フォルダの属性を「777」に変更することを忘れないように。「777」は書き込み可能という意味でサーバによっては「707」だったりする。この属性変更をしないとそのフォルダに書き込み権限が与えられないのでバックアップファイルが記録できないからである。
▼FTPソフトで「tmp」フォルダの属性を777に変更
FTPソフトで777に属性変更

次に「mt-config.cgi」のファイルに一行追加する。
追加する内容は、

TempDir /home/userid/www/mt6/tmp/

となる。

この設定はさくらインターネットの例で、「userid」というアカウントでサーバ契約して、「mt6」にMovableTypeのシステムが入っている場合である。
バックアップの保存先は、「mt-config.cgi」ファイルに環境変数「TempDir」で指定することで変更可能なので、この設定だけでOK。

※この設定はあくまで参考例なので、自分の設定にあわせて書きなおす必要がある。

「mt-config.cgi」を書き直したら、FTPでアップロードしたあと、MovableTypeにサインインしなおしてバックアップを実行すればよい。

MovableTypeのバックアップ完了

この画面が表示されたらバックアップは完了。

指定されたサーバ上のフォルダにバックアップファイル一式が作成されているので、FTPソフトでフォルダごとダウンロードしておくとよい。

WEBサイトのCMS運用は順調なときはいいが、なにか不具合が起こると非常に困る。もしものバックアップは順調に運営できているときにこそ行うのがおすすめである。年末年始や年度末などの節目にあわせて定期的なバックアップをとることをおすすめする。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2014/01/movabletype-backup.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2014/01/movabletype-backup.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2014/01/movabletype-backup.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。