能登島えんじゅの二色蕎麦は信州産の香り高い生蕎麦(きそば)だった

能登島えんじゅの二色蕎麦昨年3月に能登島にオープンしたという十割蕎麦の蕎麦屋に初めて行ってみた。能登島の中心部向田の住宅地の真ん中にある「えんじゅ」という蕎麦屋である。店内に入ると「大西流蕎麦道伝承者 田中哲也」と大きく書かれた表札板が掲げられていた。メニューを見ると生蕎麦(きそば)を堂々と訴えている。いわゆる十割蕎麦で、蕎麦の種類は更科、田舎、挽きぐるみ(粗挽き)の3種類があった。挽きぐるみと田舎の2つが楽しめて1.5人前という二色蕎麦を注文した。蕎麦は長野県産、信州上田の香り高い生蕎麦(きそば)を出してくれた。

生蕎麦えんじゅ

生蕎麦えんじゅの玄関。古民家を改装した佇まいは風情がある。

えんじゅの二色蕎麦

えんじゅの二色蕎麦。蕎麦は長野県上田地区の蕎麦を使っているとのことだった。挽きぐるみと田舎の二種とも細麺なのに、荒々しくも繊細な香りと味が同居している。原料は蕎麦と中能登町の霊水だけという純粋な蕎麦である。鰹出汁不要といったら、塩とかえしをだしてくれる親切な接客がまたいい。

たっぷりのそば湯がうれしい

たっぷりのそば湯がうれしい。丼二杯分もあろうかという大きな器になみなみと濃いそば湯がたたえられていた。これならそば湯好きでもおかわりしなくて十分楽しめる。

のとじまのお蕎麦屋さん

のとじまのお蕎麦屋さん。おいしく楽しく蕎麦を味あわせてもらった。また来ようと思った。ありがとう、おいしい蕎麦を。

・営業時間 11:00~16:00ごろ (売り切れにて早じまいの場合があります)
・定休日 水曜日
・主なメニュー 更科...1575円/挽きぐるみ...1050円/田舎...1050円/三色盛り(1.5人前)...1890円/天ぷら(およそ2人分)...1050円
・駐車場 有り

生そば 槐 (きそば えんじゅ)
・石川県七尾市能登島向田町118-25
・tel 0767-84-0655
・fax 0767-84-0655
・ホームページhttp://www.facebook.com/kisobaenju


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2014/02/notojimasoba.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2014/02/notojimasoba.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2014/02/notojimasoba.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。