ウェブマスターツールの構造化データを見るとエラーが頻発しているが「hentry」を削除すればエラーは消える

構造化データでエラー頻発ウェブマスターツールに構造化データという項目がある。詳細を見ると昨年の暮れあたりからエラーが急増している。そもそも構造化データとはなにかというと、Googleで検索結果に表示されやすくなる新しいしくみで、ページ上で構造化の手法で記述されたマークアップを認識すると、この情報を使ってリッチスニペットやその他の機能を検索結果に追加するというもの。なんだかややこしいが、これからの検索活用を便利にするためのものである。しかし、その構造化データでエラーが頻発しているというのは気になる。この原因と対策を調べてみた。

ウェブマスターツール抽出された構造化データでエラー表示を見ると 構造化データ > hentry(マークアップ: microformats.org)となっている。

構造化データ > hentry(マークアップ: microformats.org)

ウェブマスターツール抽出された構造化データ

さらに「構造化データ > hentry(マークアップ: microformats.org)」のエラー内容を見ていくと、以下の画面が表示された。

ウェブマスターツール抽出された構造化データでエラー表示

表示されているエラーは
エラー: Missing required field "updated".
エラー: Missing required hCard "author".
である。

はてさて、これらのエラーの現象や原因は、なにを表しているのだろうか?

構造化データには種類がある、schema.org形式での最適化を意識する

調べていくと、WEB環境の変化が見えてきた。構造化データにも種類があり、Microdata、RDF、schema.org のボキャブラリや形式のほか、Microformats などの手法もあるということだ。Googleは主としてはschema.org形式をサポートしていくことを表明している。

そこで、他の形式よりも優先してschema.org形式での最適化を意識して修正していくことにする。

エラーが出ているWEBサイトはMovableType6で構築しており、基本的なテンプレートから出力されたhtmlである。大きな問題はないはずだが、自動的にhentryクラスがついている。Wordpressのテーマでもpost_class()を使っていると、自動的にhentryクラスがつくようで、このことが根源的な問題のようで、同じ問題であることがわかった。

hentryクラスはschema.org形式での最適化を意識するなら必要ないことも調べていくうちにわかってきた。また構造化データのエラーは、現段階では検索順位に影響を大きく及ぼすことはないらしい。

ということで対策の方針は、
・schema.org形式での最適化に関係なさそうな構造化データのタグは削除する
・MovableTypeのテンプレートで最小限の変更とする
ということにした。
つまり、現段階では「hentry」という部分を削除すればいいということである。

テンプレート内の「hentry」を削除する対策を実施

構造化データの最適化のために実施した対策はMovableTypeのテンプレート内にある「hentry」を削除するということである。「hentry」というクラスはなくても問題はないが、あるとウェブマスターツールでエラー表示されることがわかった。ならば削除すればいい、という単純な作戦である。

WordPress利用者もほぼこの対策で乗り切っているようだ。

では、対策実施である。

MovableType6では、「hentry」を使っているテンプレートは「記事の概要」と「記事」の2つだった。この2つのテンプレートの「hentry」を削除した。

▼MovableTypeの「記事の概要」というテンプレートの初期画面には「hentry」というクラスが入っている。
記事概要テンプレートに「hentry」があった

記事の概要というテンプレートでは
<article id="entry-<$mt:EntryID$>" class="entry-asset entry asset hentry" itemscope itemType="http://schema.org/BlogPosting">

<article id="entry-<$mt:EntryID$>" class="entry-asset entry asset" itemscope itemType="http://schema.org/BlogPosting">
とした。

記事のテンプレートでも同様に「hentry」の部分を削除しただけである。

これだけを修正して、MovableTypeの全再構築を実施した。

構造化データテストツールで確認する

再構築のあと、エラーと表示されていたURLをGoogleの構造化データテストツールで確認した。するとエラー表示が消えていた。

構造化データテストツール
http://www.google.com/webmasters/tools/richsnippets

に問題が起きているエラー表示されているURLを打ち込むと、エラーが消えていた。
エラーが消えた構造化データ

これでしばらく様子を見ることにする。

この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業である株式会社ドモドモコーポレーションの代表取締役。石川県金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントである。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開している。商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしている。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介している。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2014/02/webmasterstools-error.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2014/02/webmasterstools-error.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2014/02/webmasterstools-error.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。