いしかわ大学連携インキュベータ(i-BIRD)は中小企業基盤整備機構が運営するインキュベーション施設

アイバードアイバード(i-BIRD)は独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)が運営しているインキュベーション施設である。起業を目指す大学の研究者や、大学と連携して研究開発を行う企業が入居するための試作ラボ、ウェットラボ、ドライラボ、スモールオフィスが整備されている。平成18年に建物が完成して利用者が入居し始めた。「i-BIRD」の名称由来は「i」:(ishikawa、石川)+「BI」:(Business Incubator、ビジネスインキュベータ)+「RD」」(Research & Development、研究・開発)という造語。インキュベーションマネージャーが施設に常駐して入居者に対するビジネス支援を行っており、優れた新事業の創出のための機関となっている。

アイバード商談室は入居者なら無料で利用することができるので便利。ちょっとした勉強会の会場としても使用できるのがいい。

アイバード商談室

世の中はGW(ゴールデンウィーク)真っ只中だが、おかげで施設利用者も少ない。ゆっくりと静かに勉強会を行なうことができた。

この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業である株式会社ドモドモコーポレーションの代表取締役。石川県金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントである。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開している。商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしている。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介している。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2014/05/i-bird-1.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2014/05/i-bird-1.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2014/05/i-bird-1.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。