SnapLiteはiPhoneで画像撮影を便利にする電気スタンド、スキャンスナップを出しているPFUの新商品だ

snapliteが届いたSnapLiteが届いた。SnapLiteはiPhoneで画像撮影を便利にする多機能電気スタンドだ。「iPhoneカメラをスキャナにする」というキャッチコピーにひかれて購入した。スキャンスナップを出しているPFUの新製品で、5月28日発売ということで予約注文してあったのが今朝届いた。
早速、箱を開けて中身を取り出し使ってみた。意外に小さくコンパクト。電気スタンドとして普段使うには光量が少し足りないかもしれないが、補助光や写真撮影用と割り切れば十分だろう。専用のアプリをiPhone(またはiPod touch)にインストールし、ブルーツーリズムをオンにすれば使用可能になる。

snaplite

snapliteをテーブルに置いてみたSnapLiteをテーブルに置いて使ってみた。iPhoneで専用アプリを立ち上げて、SnapLiteの上部ライトの上に置けばセット完了。A4サイズのガイドラインの光がでるのでその枠内に被写体を置き、スタンドにあるリスのボタンを押すと0.5秒後にiPhoneのシャッターが切れる。
自動的に台形補正やトリミングをしてくれるのはとてもラク。撮影した画像はjpg形式でiPhoneの画像として保存される。

使用してみて気づいたことは以下のとおり

  • 保存できるファイル形式は画像だけでPDFにはならない
  • 文字情報をOCRで読んでテキスト変換するような機能はないしすばやく処理もできない(スキャンスナップとここが大きく違うところ
  • A4より大きな被写体を合成して1枚の写真にしてくれる機能は便利
  • SnapLiteを照明スタンドとして使う場合、iPhone側のボタンで照明の色や強さをコントロールできるのはおもしろい(iPhoneとnapLiteはブルートゥース接続(無線)なので、1~2メーターくらい距離が離れても大丈夫)

使ってみた感想として一番感じたのは「スキャンスナップとは別物」ということである。スキャンスナップのような使い方を想定して購入するとがっかりするだろう。

snapliteで商品撮影ちょっと遊びココロで「iPhoneでの写真撮影を便利にする照明スタンド」だと割りきったほうがいい。iPhoneで写真撮影するときに両手を放して使えるので、ちょっとした商品撮影なんかにも便利。0.5秒の遅れシャッター機能は時間調整できるので、1秒後に変更するといいかもしれない。
実際に左手を撮影してみたが自然な感じで撮影できた。両手を撮影することもできるし、ハンズフリーで撮影できるスタンドという新たな用途はおもしろい。

iPhoneでもiPod touchでも使用可能だが、アンドロイドにはアプリが出ていないので今のところ使えないのも残念なところ。

以下は、同梱されていた案内状や伝票をSnapLiteで撮影したもの。(ブログ掲載するために画像は縮小して影をつけた)

▼snapliteでスキャンしたA4の挨拶状
snapliteでスキャンしたA4の挨拶状
▼snapliteでスキャンした伝票
snapliteでスキャンした伝票
なお、SnapLiteの詳細なレポートはhttp://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1405/27/news130.htmlの記事が参考になった。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2014/05/snaplite.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2014/05/snaplite.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2014/05/snaplite.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。